傍若無人自作自演〜あほうどりのぼうけん〜


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[905] たーぎーりーおーつーいーきょーうーのなーみーだー Name:あず@半ぞんび Date:2013/08/03(土) 03:06
博物館で蒸気機関が動いてるの見てきた.
スチームパンクKAKKEEEEEEE!!
https://plus.google.com/photos/116961631136269090658/albums/5907528124851573889?authkey=CNnO6LDv9rr2_wE
なんかぴかさがぐーぐる+に統合されて不便.
まあいいや.
それと,機械写真ってコントラストいじってがじがじにしたかんじKAKKEEEEE!なので貼る.
やっぱりトイカメラテイストが好きなのか俺は.

ときどき何もかもがうまくいかなくなって,俺は今すべてが「詰み」なんじゃないかと思う.
ときどき俺はやたらついていて,このまま何も考えなくても泳いでいけるのではないかと思う.
ときどき何もかもがどうでもよくなって,そこらの動物のようにただめしをくって寝られるだけの生活さえ守れたらあとはどうでもいいと思う.
ときどき俺はいきなりすべてが報われて,今までの艱難辛苦を「苦労したエピソード」として若い他人に語れる未来を夢想する.
結局俺はただの気分屋にすぎない.

そもそもはこんな天気が悪いのだ.
9時を過ぎないと夕闇が降りてこない,気味の悪いまでの明るさが.
30年ぶりの晴れ間続きとかでこの国は浮かれまくり,いつもの雨雲で鬱々とした汚い街がやたら輝いて見える.
とはいえちょっと油断すると寒くってそこらには春の花が咲いていて俺は混乱する.

のんびりした暮らしができるからたいていは忘れているけど,ちょっと向こうへ行った角ではえげつない交通事故や強盗や詐欺や適当な殺人事件なんかが起こっている.
若いやつはちょっとなんかがあったらナイフを出すらしいし,おっさんはキレたら拳を繰り出してくるらしい.
俺みたいなちっこくていたいけな(自分で言う)生き物が住める世界とは到底思えない.

そんな世界と無縁なはずの学問の世界でさえ,俺はろくなことをしゃべれずろくなことも生み出せない.
青い目や緑の目や茶色かなんかよくわからん目の奥が何を語っているのかも読み取れない.
もっとべんきょうしなくちゃな,と前向きに思うときもあれば,ああもうどうでもいいからみんな爆発して消えないかな,と思うときもある.
まあありていにいえば俺は極めて平常運転ということかもしれない.
ありていにいえば,本気でコミュ障をなおすくすりがほしいです.
ありていにいえば,じゃあ今この輝かしいのうみそをふっとばせば?とも思います.
まあ「そんなこと言われてもうちポンデライオンやし」のAA貼るくらいしかいい案が思いつかないな.
今ネットが不自由なので,AAは今度探して貼る.


まあそんなことをだらだら考えていたら,ばちでもあたったのか外付けHDDが突然死した.
俺の研究に関するほとんどすべてが入っているHDDが,ですよ.
しかも,論理障害じゃなくて物理障害ときた.
HDDだけじゃなくて俺もしにそう.
どうにかしたくて,結局こっちの業者に依頼することにした.
今結果待ち.
まあ場合によってはしねる.
場合によってはいきのびる.

なんでこっちで業者に依頼したかっていうと,意外と良心的な業者が見つかったからなのですよ.
基本的にデータリカバリとかって,復旧できなくても結構なお金がかかるものなんだけど,今回依頼した業者は診断無料・リカバリできなかったら料金無料を謳っていた&どうも大学関係者っぽい(=知識もないぼったくり企業ではない)ということで思い切って頼むことにしたわけです.
ていうか診断だけでもって思ったけど予想以上に大変な物理障害だった(ハードディスクの中に原因あるっぽい)ので,自分の手に負えないということで依頼.
物理障害の場合一番おねだんが高いコースになるのですが,それでも日本の平均的なデータリカバリより安い(高いところの半額くらい)という.
これでちゃんとデータが復帰したら神すぎる.
なのでよろしく頼む神.

ということは,ですよ.
海外出張を控えて,HDDしんだのがあったら,日本で依頼するよりこっちで依頼したほうが安く済む可能性があるということではないか.
(だいたい論理障害だったら自分でなんとかしろよって話だしな)
まあ出張予定がなければ飛行機代とかがかかって論外なのですが.
他の国だとどうなんだろうなあ.
ていうかなんで日本はそんなにリカバリ業者高いんだよ.

それと,びっくりしたのですが,その業者「ひとんち会社」でした.
郵送代をけちって直接業者んとこに持ち込むことにしたんですが,ふつうにその前を素通りしてしまうレベルのひとんちっぷり.
番地確認してもらって家見たら(「このへんお店ないなー」って既に通過したところだった),壁にちっこいプレートで会社名がちょろっと書いてあるだけという.
中にいれてもらったら,そこはリビング的な部屋.
趣味のものっぽいオーディオセットやら,本棚やら(写真集とか,スクラブルとかカタン?とかいうおもちゃとかがあった),そんなものに囲まれたソファーに座って依頼の話をするというアットホームさ.
「ちょっと中開けてみるね」って業者の人が奥にひっこんだ途端聞こえる犬の吼え声.
まさかクリーンルームに犬いれてるってことはないと信じたいけど.
ものっそい「ひとんち」でした.
自宅会社だから運営費用少なくて済んでるってことなのだろうか.
謎が残る.
とりあえず,リカバリがうまくいったらまたその家に行く.
またアットホームを堪能(?)できるだろう.
というわけでリカバリ成功してくれ.


そういえば,メリケンの大学に在籍している中国人となかよくなったお.
わりといいやつなんだけど,日本ドラマヲタだったよ….
ていうかそういうヲタが国外に存在することを知らなかったよ俺.
「『アネゴ』んときの篠原涼子がかわいい」とか「さくらいしょうちゃんかわいい!」とか,メシマズ帝国くんだりまで来て聞くことになるとは思わなかったよ.
っていうかちゃんづけするんだ.
何がびっくりって,この人男性なんですよ.
男性がジャニーズをちゃん付けすんの初めてみた.
ていうか日本人以外がちゃん付けつかうのも初めてみた.
そしてドラマについてマシンガントークで語られるのも初めてだ.
世の中にはいろんなヲタがいるんだなあ…
日本に関するヲタって,アニメとかだけかと思ってた(そういう友達もいる.まあ香港出身らしいので中国本国とはちょっと違うけど).
日本国内で聞くニュースだと,わりと中国って日本に友好的でないみたいなかんじに言われるけど,外国に来るような知識人はやっぱそんなことないのなー.
日本に友好的でないといわれる国出身といえば,こっちの研究室に韓国の子がいるんだけどいたってふつうというかむしろ友好的だ.
会ったらいつも挨拶してくれるし.
(研究室にはいないけど,本当に友好的でないやつはこっちが挨拶しても無視する)
やっぱりそこは「外国に行く知識人階級」ってところが大きいのだろうか.
帝国内でも,ワーキングクラスやいわゆるアンダークラスのほうが露骨に人種差別をすると聞く.
(その代わり,ミドル〜アッパーの差別表出は京都の嫌味ぐらい回りくどくやるらしいが)
やっぱり差異を敵視する(させる?)というのは(貧困から?社会への不満から?)標的逸らしなのか.

どうでもいいけど「friends」の感覚って「友達」とちょっと違うなー,と思う.
一度それなりに親しくしたら(ごはん食べるとか)たとえこの先二度と会うことがなくても,「friends」だもんなー.
日本の「友達」はたぶん「close friends」なんだと思う.
…コミュ障にはなかなかハードな世界だぜ.

俺はひとみしりコミュ障なりに誰かと絡みたいかまってちゃんなので,ときどき無性にさびしくなることがある.
ネットもあんまし頻繁につなげないしな.
俺は俺なりに俺の殻を破りたいと願っているのだろうか.

昔きょんのひととポンキッキ名曲について話していて,俺は『ジャブジャブロック』(マッコウクジラのガンちゃんの歌)にものすごく肩入れしているのだけど,きょんのひとは『ほえろマンモスくん』に肩入れしているというのを思い出した.
俺はたどりつくことを夢見るガンちゃんに共感し,きょんのひとはマンモスくんの異国に入る苦しみに共感していたというわけだ.
この図式って,そのままラブザの2つの芝居に対応するんだよな.
女性が「出たいわ,外へ」と願う『カラフル砂漠』と,男性が物理法則の中へ入ることを願う『ジャム』と.
やっぱり芝居には男芝居と女芝居がある.不幸にも俺は男芝居の原理で芝居を打とうとしていたが.
俺ん中で女性性と男性性がものっそい微妙なバランスでぶつかっていて,俺はうまく調和をとれなかったのかもしれない.
この話は前にも書いたかもしれない.
んでも今回の滞在でもやっぱり思うので書いておく.

芝居に関する夢はときどき見る.
この間は金魚が観客参加型芝居をしていて,俺は観客でありながらさりんぐといっしょになって芝居に参加していた.
まあこれは現実でもありえないことではないかもしれないから,金魚はいつかぜひ観客参加型に挑戦してほしい.
つい最近は,過去の延長みたいな夢を見た.
大集かあるいはプラネかどこかのような小屋で,俺は過去を詰っていた.
たぶんそれは俺の蟠りなんだろう.
もうほっときゃいいのに,ときどき俺の無意識は俺の傷を抉りやがる.
もう傷は傷のままでいいじゃねーかよ俺.
そういう夢を見た後はひどく混乱する.
混乱をおさめるには日常が一番だ.
俺はあほきょんのすねげをむしる.
いやまったく,平和な日常ほど有難いものはないですよ.

俺は安心が欲しかったんですよ.たぶんずっと.
今俺ん中のメンヘラくさい何かはすっかりなりを潜めている.
だから,これが正解だったんだろう.
だから,俺は安心してすねげをむしることができるというわけだ.
めでたしめでたし.

おはなしはめでたしめでたしで終わるけれど,現実はその後もずっと続いていく.
だからといって,めでたしめでたしが不要というわけでは決してないわけだ.

とりあえず,めでたしめでたし言いたいから俺のHDDデータめでたく復活してください.


おまけ
今月俺とこきんの間で流行ってるやつ貼る
http://scpjapan.wiki.fc2.com/
翻訳プロジェクトなので,どっかにゆうちゃんが潜んでいるのではないかと俺は疑っている.



[904] たんぽぽの咲く夏 Name:あず@未ぞんび Date:2013/07/10(水) 23:17
お茶を飲みながらローカル新聞の殺人事件の記事を読んだり,庭の木戸を開けようとして木戸の下にいた成人男性の親指大のなめくじをうっかりひきころしてGYAAAAAAAAAAAってなったり,きわめて帝国的な生活を送っている日々.

まあめもぶろぐに回転する小像の記事をうpしたあとひっどい風邪をひいて寝込んでたのも含めて帝国的生活.
像についてはめもぶろぐ参照のこと→http://azcog.blog.shinobi.jp/%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A/%E5%9B%9E%E8%BB%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3%E6%A8%AA%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0
いやあミイラの呪いはおそろしーなー.
小像の背中には「Beer, Beef and Bread」とかなんとか書いてあるというので,ローカル新聞読者の多くは「はようBeerとBeefとBreadを捧げてやれよ」とつっこんでいたという.
さすが帝国市民はよく訓練されているなあ.
彼らは訓練されているから,ミイラの呪いにも関わらず風邪をひかずにすんだのであろう.
つまりわれわれはまだまだ修行が足りんということだ.

ローカル新聞を読んでいると,たまに「私立探偵」という単語が出てくる.
単にDetectiveだけだと警察の職位の一部の可能性もあるけど(ていうか新聞に出てくるDetectiveは大半そう),Privateつくならガチでいわゆる「探偵」だろう.
どうやらこっちの国の探偵は,日本とちがって新聞に出るような事件の調査もするみたいだ.
(まあこっちの新聞は独自調査とかするみたいだけど)
探偵が事件に関与するなんて,小説の中だけではなかったんだなあ.
まあ新聞に容疑者つかまえたら数千ポンド,なんて懸賞金の広告が載るくらいだし,そういうので口に糊する探偵もこの国にはいるのやもしれぬ.

そんなことをつらつら考えると,はたしてホームズはどうやって糊口をしのいでおる設定なのかが気になってきた.
警察からなんらかの報奨金もらってるのか?それとも,実は結構依頼者からの報酬があるのか(でも依頼が少なくて切れてる描写もあるし,これだけだと食っていけなくね)?
それとも,にいちゃんがええとこにおつとめできるくらいの良家の出だから,家から仕送りもらってる高等遊民なのか?
…高等遊民説のがありそうな気がしてきた.
ホームズどうも着道楽っぽい節もあるし,それなりにまとまったお金必要っぽいしなあ.
今度ゆうちゃんに聞いてみよう.

あとまあたぶん「事件」の数も多いんだよな.
警察や救急の車両のサイレンとか,車の防犯アラームとか,もはや小鳥のさえずりレベルに聞こえるような毎日だもの.
まあ救急車両については,病院が近くにあるということも加味せねばならんかもしらんが.
なんにせよ治安がよろしいわけではないのは確か.
そんなだからスプラッタな娯楽が流行るわけだな.

流行といえば,容積にして俺の2倍くらいありそうなおねーさんを街で見かけたんだけど(まあそれだけなら珍しくも無いんだが),おねーさんは「PORK」と書かれたピンクのTシャツを着ていて思わず二度見した.
その後,ぽっちゃりしたおっちゃんが「GEEK」って書かれた黒Tシャツ着てるのも目撃した.
あれか,Tシャツで自虐ネタに走るのが流行ってるのか,この国は?
にしても「PIG」じゃなくて「PORK」はないよなあ.
食肉加工済みなのかよ.
いくら肉食民族だからってそんな.


そいや前に,この国には夏なんてこじゃれたもんはねえ!と書いてましたが,来るそうです,夏.
約30年ぶりに.
いやマジで.
なんかローカル新聞によると(ネットがないからほんと情報源がほとんど新聞),今週はこの国全土がえっらい晴れて(これもまた記録的な晴れ間続きらしい),そんでもって雨の街と言われたここも気温が30度超える可能性があるそうな.
約30年ぶりに.
…まあつまり,われわれのイメージするような「夏」は,ここにはもう長いこと来てないっていうことですよ.
でもその「夏」が来るというのならまさに胸熱.
とはいえ,前にも「熱い夏がくるよ!」とかまして見事空振ったこともあるそうなので,あまり期待しすぎるのもよくないそうな.

しかし,「熱い夏がきてイチゴの売り上げ伸びた」というニュースとか,そこらへんにシロツメクサが咲きまくったりしてる状態とか,微妙に俺の知ってる「夏」と違う感が漂うのも確か.
まあそのへんは違う国だからしかたないわな.


違うといえば,なんか卵リキュールとレモネードのカクテルみたいなのが売ってました(ばかがろくに説明見ずに買ってきやがった).
…なんていうかね,NTMでえあい氏が作ったばつげーむどりんくの味がしたよ.
ある意味なつかしかったよ!
食生活の違いはまだまだ戸惑うことが多いです,正直なところ.


あとはっきり違う植生ですが,そこらへんの雑草でも俺にはめずらしいので,雑草の花が咲く今いろいろ写真撮ったりしてますが,なかなか「これだ!」というショットにたどりつけないね.
最近,横長に撮って左側にピントか,縦長に撮って下側にピントなパターンが多いような気がしてきた.
いかんなマンネリを打破せねば.
まあでもそのパターンでも「これだ!」に至りにくいというのならまずはそれで満足できるようまでいろいろ試してみるのが王道なような気もするのう.
とりあえず典型ピントパターン貼る.


それと生活していて驚くのは「王室御用達」商品の多さだな.
トイレットペーパーにすら御用達マークついてるのがある.
まあそこのトイレットペーパーは子犬がトレードマークになっているので,おそらくそれが御用達に選ばれた要因なのだろう.
女王陛下も庶民と同じ紙でおいどをお拭きなされているのかと思うと感慨深いものがあるな.
こうやって民衆と王室が結び付けられていくというのもなかなか悪くないのではなかろうか.
日本も皇室御用達マークとか作ってばんばん商品につけたらいい.
国が一体感をもつということはそんなに悪いことではないんじゃないかね.

やはり外国にいくとどうしても自国のありかたというものに思いがいくなあ.
俺のようなひよこにはひきこもりが許容される日本がありがたすぎる.
こっちのひとはいつでもだれでもフレンドリーに会話しようとするからなあ.
英語力が足りないのもあるけど俺にはハードルが高すぎる.
みじめなほど会話ができない.
だいたい毎日毎日「調子はどう?」みたいなこと聞かれて答える内容があるのがすげえよ.
俺ひょっとしたら俺が思う以上にコミュ障なのかもしれん.

英語力といえばやはり知らん単語多すぎ.
俺より英語できるはずのあほきょんでさえ「知らん単語多すぎ」って言うからやっぱり実生活でつかう単語は学校教育ではカバーしてないのだろう.
単純に数の問題なのかどうかはわからん.
実生活で出てくる単語が学校教育に出てこないのはもちろん,その逆もありそうな気がするし.
まあ教育のことはむずかしゅうてようわからんな.
んでもってあほきょんは俺の知ってる単語は偏っていると主張しやがる.
んなこといったって,レプリカントとかキャトルミューティレーションとか,日本に輸入された単語は知ってて当然だよね!
どうでもいいけどネットスラングのjkって英訳したらcc(Considering Commonsense)だと思うんだがどうだろう.
それに単語だけ覚えてもしかたがないんだよな.
結局それが運用される文脈がわからないとつかいかたがわからん.
ということはやはりただひたすら文章を読んだり映画みたりひとの話を聞いたりするしかないのか.
なんだかんだいって,こどもがしてる言語学習が一番効率的なのかもしれない.

そいえばマジャールのお国のワイン名は「雄牛の血」でした.
雄牛っていうとあんまし厨二くさいかんじはしないなー.
エールとかにもっと厨二くさいのがありそうなので探してみるか.
あるいはNTM味のする卵レモネードを持って帰ってもいい.

Sherlock3期はなんか放送延期っぽいですが,ちょいちょい劇場で「ぼくのかんがえたさいきょうのホームズ」芝居が出ているもよう.
帝国民は本当にホームズすきだなあ.
あと例のショーンオブザデッドチームの新作映画はもう来週公開するみたいです.
どっかに字幕つきで上映してくれる映画館あればいいのにな…



[903] ゾンビ帝国の生存報告 Name:あず@未ぞんび Date:2013/06/21(金) 22:42
と,まあこっちきてから1週間以上たつわけですが概ね平常運転です.
ついた日は奇跡的にえっらい晴れてて,日光浴してるひとなんかもしょっちゅう見かけて(女性はキャミやタンクトップ,男性に至っては上半身裸とかも),おおう一応夏なのかと思いきやその2日後にはしっかり雨が降って平常運転でした.
どうやら奇跡的に晴れた日に到着したらしい.
日光の降り注ぐこの街の様子は,以前見た街の姿となんだかかけ離れていて,たいへんstrangerな気分を味わったのですが,雨が降り出してからはおなじみの灰色の空に映えたおなじみの街並みに見え出して,なぁんだ例の雨の街じゃねえかと一安心したものでした.

気温とか季節について説明するならば,現在「たんぽぽやシロツメクサが咲いてる」ということでだいたい足りるかと.
つまりそういう気温なわけです.
やつらは必死に「夏だ」と言い張りやがりますけど,たんぽぽが咲いているような夏があるものかは.
まあ最近ではたんぽぽはほぼ綿毛なんですけどね.
一応この国の首都では夏日(30度以上)も観測されているらしいですが,首都よりも北のこの雨の街では夏日なんて夢のまた夢.
正味のところ20度超える日が稀っぽい.
何を以って夏といへるものかは.
欧米から日本に来る観光客がすげー薄着なのも得心が行くというものです.
あの程度で「夏」ぶって半裸になるんだったら,そりゃ日本のガチ夏なんて暑くてたまらんわな.

気温のほうはそんなかんじですが,日照時間(晴れてればだけど)の長さは流石の北国,驚くほど長いです.
夜の9時くらいが夕方っぽい.
7時8時だと余裕で明るかったりする.
前の滞在は秋〜冬だったので夕方4時くらいにもう真っ暗になってたことを思うと信じられない明るさ.
こういう季節の仕組みだと,そりゃあ冬眠が妥当なシステムに思えてくるわな.
そして「夏」がいかに貴重なものであるかも実感できるわけです.
そりゃあ夏に通じているドアを探すわ.

まあ俺のほうはそんなドアを探している余裕などあるわけもなく,とりあえずの生活と今回の滞在目的の勉強を細々とやっておるわけです.

ネットがないせいで当座の娯楽は新聞になってしまったのですが,帝国の新聞は「購入紙が思想的立場を表す」と言われるだけあって多彩です.
地方紙(ちゃんと毎日出る)はめさめさローカルな話を載せるし(もちろん地元FCの動向も載ってる),ちょいとお固い新聞はスポーツ欄のメインがクリケットとラグビーだし,新聞ごとにはっきり色が分かれているのが新鮮です.
日本の新聞なんかが太刀打ちできねえくらいに新聞が娯楽になってて(ボリュームもわりとあってほぼカラー),それが所属コミュニティを明確にしている.
あと王室ネタも新聞ごとに違うようだ.
左派の新聞は王族がえっらい高価な不動産持ってることへの批判をでかでかと載せていたのに対し,右派の新聞は女王がちゃっかりニュース番組の観客に混じってたのを微笑ましいエピソードとして載せていた.
新聞がちゃんと文化になっているんだなあ,とつくづく思った.

ただ,どの新聞でも文化系ページにしっかり「ゾンビフィクション」コーナーがあることにワロタ.
どんだけゾンビ文化なんだよ.
そいやこの街でも今ゾンビイベントがあるらしい.
http://8hourslater.com/how-to-play
そんなにゾンビに親しんでいるのか…

そいえば,今俺が住んでいるところは学生寮じゃなくて普通のフラットなので,わりとしっかりと「家」というか,ゾンビ映画に出てくるようなフラットと似たようなかんじなんですよねー.
とりあえず画像はフラットの天井.
シャンデリアっぽいが電球が1こアレなのがご愛嬌.
まあこんなかんじでありていにいえば『ショーン・オブ・ザ・デッド』なんですよ.
そのせいか,へんに神経が昂っている日の夜中などに,ふと「これ窓/ドアの向こうにゾンビとかいるシチュエーションだよな」なんぞ考えてしまうわけで.
日本にいればちゃんと「これって幽霊が…」なんて考えるというのに.
そいえば通学路にキリシタン形式の土葬のお墓もある.いかにもゾンビ映画(それもラストシーンとかで)で手が生えてきそうなかんじの.
日本だと火葬だから,実態のない幽霊のほうが主流になるのかなあ.
(とはいえこっちは幽霊つき物件のが家賃高くなるお国柄だけど)
やはり幻想というのは環境というかその土地の文化に根ざすのだなあ.

文化の差といえば,こっちでしみじみ感じるのは,権威の存在ですな.
キリスト教とか王室とか.
こないだポストに「Jesus hates you」って落書きしてあったのを見た.
その文で誰かを傷つけることができる国なのだ.
王室については新聞でしょっちゅうネタになるし,ちょっとした雑貨にも国旗や王冠モチーフのものが(お土産品じゃなく)ずいぶんある.
大学のどこかで窓に国旗がかかっているのも見かけた.
こっちのぼすはRoyal Societyで賞されることがこの国で科学者が受けることができる最も名誉なことだとかなんとか言ってた(こないだ学会あった).
国,その象徴である王室,国教であるキリスト教に本当に敬意が払われているのだ(まあこの国流の愛し方でしょっちゅうネタにされてるけど).
こういう文化の中では,「ロック」とかそういうアンチ権威な文化が育つのはいたって自然というかある意味「やりやすい」だろうな,とも思った.
この国でそういう音楽が流行るのはきわめてわかりやすい.
一方,日本では,天皇家について語ることは腫れ物をさわるようだし,ネタにするなんてほぼタブーの気さえある(某劇団Tでの脅迫事件とかね).
権威らしい権威なんてほとんどない状態だ.
なにより,学生闘争の失敗がすでにアンチどころか「アンチ・戦うこと」の文化を醸成してしまった.
戦う相手もおらず戦うこと自体も白眼視される土壌で,“俺らの”90年代がことばのテイストを楽しむことを主目的にした主張のない音楽を産出したのは当然の帰結だったということが今ならわかる.
戦わない音楽だからだめだというわけではなくて,むしろそれがJ-POPとやらの特性でありよさなんだと思う.
そうやって個人の楽しみへと特化していったあげくが今のボカロ・ニコ動の繚乱なんじゃないかねえ.
個人が好きな歌をつくり歌い,シェアするという形.
一体化した流行なんてもはや存在せず,気に入ったものを選べるんだからすばらしい文化じゃないかと思う.
まあ俺自身はボカロの声あんましすきじゃないので,結局ボカロ曲うたってみたとかに流れるんですけどね.
昔だって作曲できるけど歌えない人が歌える人に作った曲を歌わせるのは歌メロディーだけの音源渡してたわけだし,結局ボカロってそこんとこを担当している道具なんだよなー.
まあなんでもネットでシェアできる文化っていうのはすごいと思う.

そうやってなんでもかんでも個人志向になってったのが今の日本で,個人志向だから誰がどうしたとかがそんなに重要じゃなくって,ネットの匿名文化が育ったんじゃないかなあと思う.
こっちは所属コミュニティがはっきりあって,その中で誰がどうしたっていうのがわりと注目されるから,実名SNSとかが重宝するんだろう.
別にSNSじゃなくっても,今でも新聞で実名のメッセージとかいっぱい載ってるし.
日本だと嫌になったからコミュニティを移動する(ヲタとリア充の移動とかね)ということは(それなりに大変ではあるけど)わりと可能だけど,こっちだと階級含め所属コミュニティの変更ってすげーハードル高いかんじだもんな.
固定されたコミュニティだからこそ,匿名にしなくてもいい(だいたい見てるのは身内だけ)文化なんじゃないか.

文化論ステレオタイプだと「日本=全体主義,欧米=個人主義」ってなってるけど,実際のところ逆なんじゃないかと俺は思っている.
日本は個人の思想はたいそうフリーダムで,思想の変更なんてそれこそ個人の勝手で行える.
でもこっちではそれはたいそう大変なことだ.
だから,「アンチ」という文化もあるし,対立もある(体育会系と文化系の対立とかぞっとするレベルだよな).
こっちでは個人はつねにコミュニティのひもがついている.
俺みたいなてきとーで気分屋のやつは,こっちで生まれなくて本当によかったんだろう.
俺みたいなゆるキャラが生き残れる日本すばらしい.

しかし日本のすばらしさを再確認したところで,もう少しこっちでやることはあるし(実際のところ研究環境としてはやっぱこっちのがいいんだよな),こっちでもうしばらく生き延びていかねばならないのです.
まあ文化も含めていろいろ学ぶことは多かろう.


それとPCの中から最近の書きかけのネタを発掘したのでそれも貼っておく.

――――以下書きかけネタリサイクル

今眠気の波がはげしく頭頂部にきていて、このまんま昼寝とかできたらたいそう気持ちいいんだろうなーと思うけどもう少しで用事のある時間になるので寝られない。

こういうときはたいてい頭がつかいものにならないのでしょうもないことしか思いつかないのです。

神経科学をポピュラーにするためのもえキャラとして、TMSステッキで気に入らない部位を殴りつけてくれる魔法少女というのを思いついたのだけど、萌えという分野に疎くてそれっぽいかわいい名前が思いつかない。

まあわたしのセンスなんて、いぬに「むぎじろう」ってつけるレベルだからな。
ちなみにちちんぷいぷいの青いいぬを「むぎじろう」って呼んでたんだけど周りに定着しなかった。
あの目と口はむぎじろうだろ。

とりあえず呪文は「みらくるみらくるてぃーえむえす」とかでどうか。と思っているけどもやっつけすぎてどうしようにもない。
なんかステッキとか持ってる古さといい殴りつけ肉体言語といい呪文の語感といい『大魔法峠』のぱくりでしかないのではないかという気がしてならない。
最近は漫画読んでないので最近の動向もよくわからん。

あとTMSコイルでなぐりつけたらやっぱりしにますか。
魔法っていってんだからせめて電磁波出せよ。

まあでもとおりいっぺんのもえキャラとか今更掃いて捨てるほどいるだろうから、なんか一点とがったところがほしいところですよね。
でも暴力系もえキャラなんていまどき使い古されてるだろうしなあ。
とりあえずTMSでいろんな部位を一時的に機能低下させてればいいんじゃないかな。
機能低下ガール。
新しくね?


http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130520000073
震災で銀河鉄道って言ったら「破稿 銀河鉄道の夜」だろうがうわああああああああ。

あと幼小時のこきんがもっとも恐れてたものが今年も出てた
http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20130520000028



[902] たびだつまえのたびにっき Name:あず@脱こたつ Date:2013/06/05(水) 03:35
とうとう明日(ってか今日か)出立なんだが,結局ネットの目処が立ってないので,それなりの期間の別れを覚悟してネット見る.
メシマズ帝国はネットそんなに発展してないらしく,動画もろくに見られないような従量制契約がメインらしい…
何年前の世界だよ!
留学生寮とかは大学付属施設として特別にネットがついてたんだな…
ネットなしに正気を保てるだろうか.
あと自分でごはんつくらないと食生活がアレなかんじになってしまうのに,ネットでレシピ検索できないのもちょっとつらいな.
まあinsaneなのはイギリス映画とかにはよくあることだから,帝国暮らしを満喫していると思えばいいのか…いいのか?
とりあえずDSはもっていく.
きっと可愛い娘さんたちが俺の正気を保ってくれるはず.
あきらめて3ヶ月浦島太郎になるか…

あと出立前に学会ポスター完成しなかった.
8月末の学会ポスターを今完成させろというほうが無茶やねん…
なんとかすゆ.


今回は衣替えと荷物パッキングを並行しなくてはならず(なんせ向こうには夏なんて気の利いたものは存在しない),たいそう準備(というより衣替えに付随するもろもろ)がたいへん.
俺の分だけじゃないしな.
主婦はニートと叩くやつは,こういうくそめんどくさい家事をどうかたづけているのだろうな.
ちゃんと家事をきちんとやろうとしたらそれだけでわりと時間消費してしまうのにな.

ちなみに帝国最高気温<K都最低気温なのはデフォ.
今の季節でも,日が沈めば気温は1桁台デフォ.
なので「どこまで冬物をしまうか?」というのがたいそう悩ましい問題なのであった.
上着いるよなー.たぶん.
今年俺は夏を過ごせないのか…
まあ極寒の帝国に行くよりましか.

それと,向こうのぼす休暇中にちょろっと観光地にも行ってみたいねって話を研究会とかでしたら帝国経験者になんか吸血鬼伝説がある廃城とか薦められたんですけどこれってフラグですかね.
帝国ホラーにありがちな.
まあフラグを活かせるかどうかはわからんけど,もしそんなたのしいイベントが起こったらそのうち報告するお!
…いつになるかわからんけどな!

画像はこないだの毛狩り,断末魔のひつじ.
すげー形相.

>マジャールのお国
マジャール人ですね.
首都しか行かないし英語ドイツ語も一応通じるらしいけど,念のために旅行用ハンガリー語の本買ったけど難し過ぎでワロタ.
前スペイン語本買ったときは,英語と同根っぽい単語ちらちらあったし,ラテン語系なのでまだなんとなく雰囲気つかむだけならできたんだが,ハンガリー語はわからなさすぎ.
ぱっと見で英語と同根なのがわかったのはinternetだけ.
「いんてるねっと」なかんじに発音するらしいが.
そんな近現代の単語じゃないと無いのかよ…
大いに不安でありんす.

あと料理もなんかよくわからん.
まあわからんからこそ面白いのだろうけど.
やっぱ学会行くならメリケン系よりこっち系のが楽しいな.

>なんとかの血
ううむわからん.
とりあえずワイン生産地らへんは「美女の谷」というらしいが何があるのかは不明.
ハンガリーで泊まるホテルにはWifiついてるそうなので,行ったときにでも調べてみるか.
とりあえず貴腐ワインで有名なトカイワインは本命.
だめ会にもっていけたらいいけど,荷物の重量制限的にどうなるか不明.
なるべく善処.

>こどもSF
あんなあらすじしか覚えてないからさっぱり.
まあ落ち着いたときにでもゆっくり探してみるか.

>「ゾンビオリンピック」
ああ,アルバトロス主催のやつか…
いやーみにいけないのがざんねんだなー(棒)

こないだ見たDVD(めもぶろぐ参照)のアルバトロスの予告は,ゾンビや吸血鬼やいろんな怪物のプロレスというたいへん盆踊り臭のするやつだった.
いやーアルバトロスはほんとぶれないなー!

ゾンビオリンピック見られないかわりに,8月に帝国でまっさきに公開される「World's end」とかいうようなタイトルの映画を見に行きたいと思う.
まあ本国は字幕ないだろうからちょっとつらい気もするが…
あああとSherlock3期っていつだっけ.
間に合えば見たいけど,ネットがしょんぼりだとBBC動画につなげないから見られないかもしれん…
まあすぐにDVD出ると思うが.

>B級C級のものが減ってて逆に悲しい気持ちに。。。
おい.
…おい.
流石,よく訓練されてるしゃーろっきあんは言うことが違うぜ!
そういえばこないだ,ハリウッドホームズのシリーズ化したやつ(シャドウゲームとかいうやつ)DVD見て,最初はどうかと思ったけど意外とあれ結構良作なのな.
あそこまで「ホームズがボクシングプロ級」ってとこにハイライトした映画ってあんまりなくね(ふつうは推理とか変人具合にハイライトあたる気がする).
Sherlockはぜんぜんアクションシーンないしな.
しかも1作目より2作目のほうがおもしろかった.
アイリーン即死とかホームズが変装下手とかちょっとつっこみどころもあるけど(ホームズが乗馬できないってハリウッド独自設定?なんかで馬乗ってた気がするんだが),モリアーティーとガチ殴りしたりしておもしろい.
らいんばっは・ふぉーるのトリックを明示してて(バリツじゃなかた),あーそういうのありかーって思ったし.
あとヒロインのロマのおねーちゃんも雰囲気よかった.
ところで,「ジプシー」ってもう言っちゃいけないと思ってたんだが,最後のスタッフロールでキャストんとこがっつりジプシーって書いてあったがいいのか?
アメリカはいいのか?
「ジプシー」だめなのってひょっとして日本だけ?
日本はそういう単語規制いろいろあるからなあ…


どうでもいいがなぜかSherlockは日本では激おこぷんぷん丸として人気が出てるみたいね…
やっぱ舞台役者はリアクションがでかいのか…?
ていうか今更ながらあの6段階がないわ.

まあそんなこといって,3ヶ月して帰ってきたらすっかりそんな話も消えてしまっているのだろうけど.
諸行無常っていうか日本は世事のスピードはやすぎ.
ああメシマズ帝国で無制限ネット回線が空から降ってきたりしないかなあ.



[901] マジャールのお国に行かれるのですね Name:ゆ Date:2013/06/04(火) 00:28
ハンガリーだとハンガリーワインくらいしかわかりません。
なんでしたっけ、何か中二病ばりばりの名前のお酒とか
ありましたよね。なんとかの血、みたいな感じのアレ。
あと貴腐ワイン、スイーツ。私の観測範囲ではそれしか。

こどもSFっていうと、光瀬龍とか豊田有恒とかのへんですか。
私も通過しただけなのでさっぱりわかりませんね……

ANVILの映画面白そうですね。wiki書いてる人の
好きすぎる感じがまたポイント高いと言いましょうか。

そういえば、今度梅田で「ゾンビオリンピック」っていう
クソ映画を集めた企画があるのですが、ちょっと見たい。
http://zombieolympic.com/
どう見ても選りすぐりのダメ映画集めた感じしかしない。
スルーしてゾンビランドでも見てた方がいいんすかねえ……
(それか先日買ったコマンドー豪華版見ておくか)

しかしホームズは人気が再燃しているのか、最近は
B級C級のものが減ってて逆に悲しい気持ちに。。。

[900] こたつをしまい,街に出たり出なかったり Name:あず@脱こたつ Date:2013/05/26(日) 22:59
こきんの誕生日だった.
にくまんの上に数字ろうそくたてたりしてリアじゅうっぽくおいわいしました.
でもその後は漫画よんだりゲームしたりだらだらでした.
たのしかったです.
やっぱマインクラフトはいいゲームだなあ.

家に帰ってもだめ映画を観たりだらだらすごしてたけど,あともう少しでまたメシマズ帝国に行く日になることに気づいて若干焦り中.
メシマズ帝国に行く前に衣替えなどを終わらせておかねば.

今回の滞在はいつもの学生寮じゃなくてわりとふつーの賃貸なので,ネット環境は自分らで揃えねばならぬ.
なので行ってすぐにネットにつなげず,しばらくは音信不通になることが見込まれる.
まあ発狂しない程度になんとかする.

あとたぶん突劇金魚の次回公演に俺は行けない気がする.
次回公演の日程,俺の帝国滞在中じゃね?
しょんぼり.

それと今回は学会でハンガリーに行くのですが,ハンガリーって何が観光ポイントなんだろう.
てきとーにぐぐると,パプリカのスープやら乙女系刺繍やらが出てくるけど.
正直ぴんとこねえ.
誰かハンガリー情報もってたら教えてくりゃれ.

あとこないだ動物園いって羊の毛狩り見てきた.
狩られている間羊がけっこう抵抗してばあぁーばあぁー鳴きまくっててワロタ.
あと最近できたというサバンナコーナーも楽しかった.
きりんの赤ちゃんも見たし,「おまえそれサバンナでも同じこと言えんの?」ごっこができて楽しかった.
とりあえず画像は顔本にも貼ったサバンナの一枚.
サバンナ楽しいよ楽しいよサバンナ
どうでもいいが俺のPC「楽しい」を「他の肢位」に変換しやがってこわい.
「予約」も「与薬」になるし.
たぶん犯人はライフサイエンス辞書なんだけど.
そしてライフサイエンス辞書の略称LSDでこわい.


会長だ!会長が降臨なさったぞ!
orz

しかし会長ほどの邪神になると,そういう民衆の声は気にならなくなるものなのか.
俺も修行が足りないな.

>リアクションしてもらえるだけありがたい
ってまんまホームズネタに対するゆうちゃんの姿勢だなあ.

>進化の樹形図
それで派閥を形成したりするわけだな.
あのへんは本当ややこしくてさっぱりです.

>わかってへんやろグギギ
そのへんも含めてぐぎぎ古典ですな.
なぜ理解できないものを無理解で埋めようとするのか.
・・・ってたぶん俺が想像力がなくて決め付けタイプに非寛容なだけかもしれん.

>実はあれが初クトゥルーな人
たぶん俺らきょうだいはそうだと思います.
…まあ小学生が初めてふれるクトゥルーなんてゲームがふつうじゃないのか.
でも俺3年生くらいの頃にホラーブームが来てた(ポオとかフランケンシュタインとか)ので,もうちょっと俺ブームが長ければ,クトゥルーものに手出したりした可能性もあるし,俺は早川さんじゃなくて帆掛さんになっていた可能性があるな.
ホラーブーム→ミステリブーム→SFブームという変遷だったような気がする.
ホラーとミステリは逆だったかもしれんが,最終的にたどり着いたのがSFだったのは間違いない.
んでも小学生当時の記憶なんてうろ覚えなので,当時好きだった和ものSFほとんど覚えていないぜ!
くらげかイカみたいな地球外生命体を間違えて食べたら未知の病気になっちゃうパニックジュブナイルSFがすきだったんだがタイトルのかけらも思い出せねえ.
まあ俺の記憶なんてそんなもん.

>ウェルズ知ってる人は読んでる人
そ,そうか…
「ウェルズは古典だから一般教養のうち」というのはちょっと歪んでるのか…

早川さんのは「SFといえばスターウォーズみたいなんでしょ?」って言って来る一般人みんなしね!で岩波さんと泣き飲みしてたような気がする.
それでいえばホラー者は「かげで動物虐待とかしてるんじゃないの?」っていわれるのが一番むかつくのかなあ.
俺ホラー者じゃないからわかんないや.

>ガイドライン
次第にマニアックになるのに噴いた

>大変良い映画でした
会長の「良い映画」は信用できねえ・・・
んでも今我が家ではDVDいろいろ観るブームが来ているので,見てみようリストに入れておこうかなあ.

今は↓とその元ネタのいくつかを借りて,一気に観たいと思っている.
http://blog.goo.ne.jp/yukarin_51/e/0212cf8d2dbfd149bee8e9f8632eacee
某T屋のレビューも一律にこんなんで期待が持てます.
http://www.discas.net/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=1946813551
まあメインの目的は,「元ネタだから」という理由で『パラノーマルアクティビティ』をへたれあほきょんに見せてびびらせたいというところですが.
へたれが身内にいるときのホラーってすっごく楽しいよね!
うちのオカンは超びびりのくせにホラー者で,ホラー鑑賞中のオカンをこきんがよくびびらせてました.
オカンはホラー者で特撮(戦隊ものじゃなくて怪獣もののほう)者だから,俺らきょうだいがB級映画好きになるのはもはや運命やったんや…
それにつきあわされるあほきょんはちょっとかわいそうな気もするがまあいいや.

いやあだめ映画って本当に楽しいなあ(白目)



[899] アンヴィル Name:会長 Date:2013/05/22(水) 02:31
ANVILは渋すぎる。
ちょっと前にANVILについて取り上げたドキュメンタリー映画があって、大変良い映画でした。
アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち

この映画がとても良かったのでANVILは有名になったのですが(私もこの映画で初めて知った)、
昔からANVILが好きだった、とかいう人はかなりの通だと思う。

[898] マンガだと手塚治虫がそういう扱いっぽいことよくあります Name:ゆ Date:2013/05/21(火) 00:24
しかしロミジュリの場合も、テキトーなこと言われると、
(たとえば「ただの甘っちょろい恋愛劇なんやろ」的な)
貴様あのソネットの美しさ絶対わかってへんやろグギギ
みたいなことになりかねない辺りも古典っぽいですよね。

邪聖剣ネクロマンサー超なつかし。ありましたねえ。
実はあれが初クトゥルーな人多そうな気が致します。

SFは、ウェルズ知ってる人は読んでる人でしょうね。
確かに何と言われれば、選び出すの難しいですね……
なんか早川さんにもそんなネタなかったでしたっけ。

イラッと感といえば、矢口真里のガイドラインですが、
http://blog.livedoor.jp/pizanews/archives/1204892.html
私はメタルがわからないのですが、ANVILというバンドを
出されて実際にイラッとくるものなのでしょうか。

[897] 無題 Name:会長 Date:2013/05/20(月) 23:45
ビートルズはそれなりに好きなので別に気にならないのです。

「どんな音楽聴くの?」
「うーん、洋楽…ハードロックとか、メタルとか」
「洋楽全然聴いたことないわ…ごめん」
「…うん」
(終劇)

と、会話が終わるのが一番多いパターンなので、リアクションしてもらえるだけありがたい。

 ところで、メタルは進化の樹形図がかなり明確なので、好きなジャンルをたどっていくのは歴史の勉強みたいなところがあって、
そのせいで「ゴシックメタルの話をするならこのバンドは聴いていて当然だろ」みたいな言説がよく発生しますね。

[896] あなざさにあふたぬうぅうん Name:あず@まだこたつ Date:2013/05/10(金) 02:51
例によって例のごとし。
報われたいとあがく日々。

なんかいきなりぬくくなった。
まだまださむいなあ、まだこたつしまえないなあとか言ってたのに今日になっていきなりぬくくなった。
これだから盆地の気候は困る。

そういえば、俺結構ひとの好き嫌い激しいほうかもしれん。
ふだんぼーっとしてる分にはそうでもないけど。
俺のある種のカンに障ってしまうと、もうなんでもものっそい嫌いになる。
そういえばそうだった。
ここんとこそんなふうにいやな領域につっこんでくる人がいなかったから忘れていた。
まあどうでもいいんですけどね。

想像力が致命的に足りないやつというのはたまに存在するもんだなあ。
例えば、芝居に関して「演劇ってロミオとジュリエットするんでしょ」という発言は、「漫画ってどらえもんでしょ」という発言に等しい。
いやまあそりゃあどらえもんは偉大な漫画ですよ。
ただし、どらえもんは最早古典であり、「今でも漫画の代表はどらえもんであり、漫画の読者といえばどらえもん(しか読んでない)」という言説は漫画好きにとっては噴飯ものではないか。
どらえもんからこっちの漫画百花繚乱を無視しているんですよ。
そんなの現代の漫画好きからすればいらっときて当然じゃね。
演劇について知らないのに、同じことが演劇に起こっていないと言えるのか?
知らなければ「無い」とみなしていいと思うのか?
ちょいと想像力をはたらかせてみればわかるであろうものを。

まあそれはともかく、演劇におけるロミジュリに相当するものって各ジャンルにおいてなんだろうね。
漫画において果たしてどらえもんで合ってるのか?(「のらくろ」とかのが古典っぽさにおいて妥当?)
小説だったらなんだ?太宰とかか?
「趣味は読書です。日本文学すきです」「文学って太宰でしょ」って会話を想像したらうわあ腹立つ。
会長みたいな音楽の趣味のやつに、「洋楽(そもそもこの括りがおかしいよな)好きってビートルズ聞くんでしょ」みたいなこと言うやつが現れた日には、どんな邪悪な責め苦を負わされるかわかったもんじゃないな。
まあ流石の邪神もその場では軽く流してあとから邪神の鉄槌を下すだろうけど。
「現代芸術がすきです」「草間弥生でしょ」は腹立つけど「ベクシンスキーでしょ」って言われる場合はそこまで腹が立たない。なんでだ。
どうでもいいけどベクシンスキーって故人だったんだな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BA%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC
いやでもベクシンスキーは現代じゃないのか。ウィキペディアみたら近代って書いてあるわ。
じゃあ現代の代表ってなんだろ。まあいいや。
SFだとなんだろう?知名度的にはスターウォーズとかか?古典でいえばウェルズの作品か?
SFだと「SFって○○でしょ」な発言が想像しにくいな。なんでだ。
そもそもの知名度がなさすぎるのか?
それはそれで哀れな気がする。


オカルトと言われてもこういうニュースがすきです。
http://www.kyoto-np.co.jp/country/article/20130506000097
俺も「な、なんだってー!!」とか言いたい。

あとコテコテネタ。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1305/02/news071.html
コテコテすぎるとおなかいっぱいになるなあ。


そいえばうちのプランターでルッコラ育てたら花が満開になって、今ちゃくちゃくと種が育ってるようです。
・・・はっぱ食べるつもりだったのになー。
しかたがないので今季は種を収穫して、来季に期待する予定。
画像はその花。
ルッコラってひょっとしてアブラナ科なのか?

結局忙しいのとまた海外いくのに航空券かわないかんのとでマクロ買えてない。
そらからおかねがふってくればいいのに。
そしたらマクロと新しいノートPCと新しい外付けHDDと新しいポータブルMP3プレイヤー買う。
まあないなりにやっていきますけど。

夜は人を詩人にする。
つまり夜は人を黒歴史メイカーにするということだ。
結論:もう寝る




[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

21件〜30件(全924件)  135678910       <RSS>    【管理者へ連絡





無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace