傍若無人自作自演〜あほうどりのぼうけん〜


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[923] 肯定ぺんぎん(つかいふるされたネタ) Name:あず@ながながむし Date:2016/11/21(月) 14:14
どうせ誰にも顧みられることのない掃き溜めなので、俺にしかわからない書き方でもおかまいなしに書く。
吐き出さないではいられないから。

まっちゃんの主催するイベントに行ったら、なんか流れで打ち上げにまで顔を出してしまって信さんやA木ねーさん(意味あるのかこの伏字)を中心にいろいろ話をすることができて、そもそもO一家も出てるし某らぶざをどうしても思い返さないではいられない状態に陥った。
あの人どうしてるんだろうね、sりんぐ(意味のない伏字シリーズ)は出世頭だよね、云々。
そんでまあらぶざ出身じゃない人には聞かれるわけですよ。今は何をされてるんですかって。芝居やってないんですかって。
ようやく笑って「いやあ全然」といえるようになった気がする。それがいいことかわるいことかは判断がつかないが。
体力がもう持たないのはわかっている。
あの魔物がまだとてつもない魅力を持っているであろうことはまだ記憶の底に疼いている。
でもそれにまつわるもろもろに、俺は非効率さを感じてしまうんだ。
本気の本気で世界を向こうに回して、人間に挑もうと思ったら、ちいさなハコで一人か二人のモノの見方を揺らしてるだけじゃ足りないんだ。
そこで信さんが「Sトナーさんが言ってたことを、こいつは科学的にやろうとしてる」って言ってくれたのがどれだけ嬉しかったことか。(また意味のない伏字をする)
俺はまだ、その道の途中にいるんだ。
知ってくれてる人がいるのはありがたい。
世界を愛して、世界を揺らすには、ちゃんと誰もが確かめられる方法で、世界の根幹につきささってやるのが、たぶん一番効率がいい。

そして俺は、「はじめに言葉ありき」に挑もうとしているのだ、と。
流石にそこまでの与太は言えなかった。


ただまあいろいろと追憶の痛みは襲来するわけで。
なつかしい夜の空気も吸ったわけで。
ただ、今の俺にまた嵐が吹き荒れているだけ。
稽古帰りの道や、打ち上げの店で、まっちゃんやsりんぐやいろんな人といろんな話をした記憶がぐるぐると渦巻いている。

だけど俺はまだ「我に恥見せつ」と思っている。
その部分も、いつか笑って言えるようになる日がくるのだろうか。


まあ先のことはわからない。
とりあえず俺は、ちゃんと俺のやり方で世界に挑まねばならない。
世界を愛し、世界を揺らすために。

しかしまあ。
芝居そのものの力をまだ信じるにしても、「場」としての芝居はかつてないほどに失われてしまっている。
もはや、俺が憧れた「場」はほぼ成立しえないのであろう。
今回のように、内向きのベクトルの中で高らかに美しさを謳い上げるか、既に共有された「型」をなぞって見せることに喜びを見出すか。
芝居はもはやそんな「場」しか残されていないのかもしれない。
ただ、俺自身は、前者のことをとても好ましく思う。
内向きであろうと、美は美なのだから。
むしろ今の世の流れはそちらを肯定しているのではないか。
われわれは自分の足元が、いかにたいせつかを思い知らされているのではないか。
もはや夜さえ同じではいられない。


[922] はきだめにはきもどし Name:あず@夜長をながながと Date:2016/09/30(金) 00:09
まあ、正直炎上ネタになりかねないから吐き出すのをためらっていたんだが、いわゆる「笛ミニ酢戸」(ふりがなをつけてよんでね。うっかり検索でひっかかられるとこまるのでへんな表記をしているよ気づいてね)の方とおはなしすることがありどうもひっかかってひっかかってうーーーーむとなることがあったのでまたここに吐瀉物をぶちまけていく。

まあ俺がちょいちょい某帝国にいく(出張は会議で承認されんといかんので俺の出張行程は把握されとる)ので、某国のじんけんじょーきょーみたいな話を聞かれたりするんだが。

日本のアニメとかドラマとか好きなやつはちょいちょいいますよ、って話になったとき、日本の『アルプスの少女ハイジ』がヨーロッパに逆輸入(?)されたときに驚きをもって迎えられた、って言われたんよ。
なんでかって?ヒロインが金髪じゃないから。
って言われて、え?いやヨーロッパって黒髪茶髪いっぱいいますよね?て言ったら、そういうのはふつうサブキャラだっていわれて、そうなんですねーってその場はひきさがったけどあきらかに反例いっぱいあるよね?
まずわれらがホームズが黒髪だし(奴は男だ)、帝国民大好き『高慢と偏見』ヒロインも黒髪だし、赤毛のアンが憧れるのも黒髪だし。
いや『高慢と偏見』はたしか髪色について描写ないんだけど、あほきょんが「映画でも『高慢と偏見』と『高慢と偏見とゾンビ』マラソンやろうぜ!」って言ってきてBBCの古いドラマDVDと映画DVD買ってきて見たから…どっちもヒロイン黒髪茶髪なんですよね。
金髪偏重って、一時代のアメリカだけなんじゃねーの?
ヨーロッパ圏でそんなにヒロイン金髪絶対主義あったっけ?
絵とかみてても、女性画そんなに金髪ばっかりってことなくない??
やっぱ人は見たいものしか見ないというか、見たいものだけ捨象してみるようになってるってことなのかしら。

あとそのお方が、学祭のミスコン企画をおとりつぶしになさったことを武勇伝にしていらっしゃるので、ミスコンの何がだめか聞いてみたんですよ。
そしたら、ミスコンは男性が参加できない、LGBTが参加できない、車椅子などの身体障碍者が参加できない、よって学生全員が楽しむべき祭にふさわしくない、とのこと。
まあ出場者を女性に限定するのはたしかにつまんないかな…って思ったけど、出場者の性的指向なんてふつう限定しなくないか?ましてや車椅子の人は出場できないなんて聞いたことないぞ?
いやさ、ルッキズム?っていうんだっけ?見た目で選ぶってこと自体に批判があるのは知ってるんだけどさ、純粋に顔の見た目で選ぶんだったら、それこそ体の性別だろうが性的指向だろうが身体の状態だろうが関係なくね?
ぶっちゃけていえばさ、学内ミスコンなんて組織票でナンボの世界なんだから、性的にマイノリティーだろうが車椅子つかってようが、人気者ならミスコン勝ち得る可能性ありまくりじゃないですか。
なんでマイノリティー指向の人や車椅子の人は人気者じゃないってことになってんの?そっちのほうが差別的じゃねーの???
人気取り合戦してわあわあ言いたいんだったら、「ミス」部分とっぱらって、「おれたちのイコン」を決める人気投票にしたらいいじゃん。どうしても「ミス」でやりたいなら「ミスター」共催にして、どっちに出すかは本人(とその支援団体)に決めさせればいいじゃん。めっちゃかわいい男子がミスに出そうがめっちゃかっこいい女子がミスターに出そうがOK!ってスタンスでさ。
そもそもルッキズムがだめ!って立場の人もいるかもしれんが、でも人間何かで選別する場面って避けられないんだよなあ。
そもそもを言い出すと、大学なんて学力で選別してるじゃん。学力低い人の差別にならないの?って話よ。大学は学問するところだから学力で選別する、ってなら、イコンは見られることを前提にしてるからルッキズムで選別される、ってのとどう違うんだ。
見た目は先天的で学力は後天的!って言うやつもいるかもしれんが、ぶっちゃけ「かわいいは作れる」しそもそも人気と見た目は必ずしも連動しないし、学力ってか高次認知の能力にも先天的な部分わりとあるぞ。
なんか「ミスコンはだめ!」って定義が先にあって、理由が後付けくさいんだよなあ。いやよその笛の人のおはなしまで詳しくはしらんけど。
んでもネットとかでぱっと見る限り、「女性だけを見られる対象にするなんて!」って論調はあっても、それ以上の発展はあんまし見ないっていうか、禁止でとまってる感あるというか。
異性愛も同性愛も男性も女性も身体のようすも関係なしに、みんなに愛され(まあ組織票だけども)イコンきめようぜ!祭だと何がだめなんだろ。
愛されっていってもとりあえず2系統ほしいから、かわいい系(ミス)とかっこいい系(ミスター)にしますね!ミスとミスターの呼び方が悪いってなら違う呼び名を考えよう!なんなら呼び名もコンテストにしてしまえ!とかなら、いろんな人が参加できるし、コンテスト種目増えるしでわあわあ騒げると思うんだけどな。

このことばはつかっちゃだめ!これは平等じゃないからやっちゃだめ!って禁止ばっかしてんのすっげー窮屈だし発展性がないから俺はやなんだよなあ。
何が問題なのかさえクリアになってりゃ、問題をクリアにしたらどうとでも解決方法はあるんだから、もっとポジティブにはたらきかけたらいいのに。
そのほうがハッピーになれる人増えるよね。
みんなでハッピーなったほうが楽しいのに。
笛の人はわけがわからんな。

男性だから女性だからとか関係なしに、みんなでハッピーになろうぜ!って主義になまえはないのかしら。
それとも実は世のほとんどの人がそう思っているがゆえに、わざわざ名前なんてつけないだけなのかしら。
わっかんねーなあ。

とりあえず、『高慢と偏見とゾンビ』は日本では9月末に公開されるらしーので(参照:http://gaga.ne.jp/zombies/)、公開前でもおれを呼んでくれたらフライング上映会ができるぜ!ってもう公開日今日じゃねーか!いみねえ!
んでもって吹き替えとかはもちろんないけどな!
あれだよな日本が「おま国」なのって絶対ほんやくに時間かかるせいだよな。もっとほんやくにリソース割けばいいのに配給会社。
ちなみに俺的みどころとしては、原作のウザキャラが映画ではよりうざくなってるところをあげたいと思います。
なのに日本公式では「次のベネディクト・カンバーバッチとの呼び声高い」って紹介されててマジかよ…ってなってる。
いやあの人も変顔の人だし…いやでも…うーん…
あれだ、帝国俳優って見た目より演技力で惚れこませる人おおいよね!(暴論)
俺が思うに今の帝国映画人で一番イケメンなのってエドガー・ライトだと思う。異論は認めるけど。


[921] 夜のぼっち帝国 Name:あず@じべた Date:2016/09/14(水) 00:18
よしこんだけ放置してたらもうここを見るやつなんてほとんどいないだろう。つまり元通り、ここは俺が俺の吐瀉物をぶちまける場所に戻ったということだ。
俺の俺による俺のためだけの俺帝国。ざまーみろ俺。

正直もうぶちまけるものなんて無いと思っていた。俺はこのまま満たされあるいは擦り切れていくのだろうと。
だがそもそも俺そんな平坦な道選んでなかった。平坦っつっても胸部の話じゃねーぞ黙ってろヤモティスト。
誰とも会話しない深海の底みたいな毎日がまたやってきて、でももう俺も若くなくて、抗う力もなくて擦り切れていくのかと。
擦り切れていく。そう擦り切れていくんだ。
なのに他学部の先生と狭いエレベータで一緒になれば「学生さんですか?」と聞かれ、古い友達や知人に会えば「変わってないね」と言われる。
容貌のせいにしても俺だって経年劣化してるぞ。なんなんだ。なんなんだ俺は。
そんなことを思いながら『閃光少女』聞いたらしっかりざっくり胸をえぐられる俺がいて。
https://www.youtube.com/watch?v=5jsdarfpsLk
あれか俺結局まだ感性だかなんだかそういうものが擦り切れきってないってことなのか。
俺はまだ「立派な大人」になりきれていないというのか。
いや「立派な大人」を目指してたわけじゃないけど、それなり後輩もできて、えらそうに学生の指導なんかしてそれで俺のメンタルがもっろい少女のままならいたたまれないだろ。そもそももういい年齢のくせに。
いやそもそもこれを作っちゃう林檎さま俺より年上だから。でもあの人俺なんかよりよっぽどもっろい少女抱えてるよね?同時にしっかりおかん力もつけてるっぽいけど。

俺はどうしたらいいんだ。
時々すべてを投げ出したくなる。
時々「まだできるはずだ」と闘志がわく。
時々「もういいかな」としにたくなる。
時々「こんな状態で自分がいなくなるなんて何よりもおそろしい」と死がむやみやたらと怖くなる。
俺はどうしたらいいんだ。

分別のついたごりっぱな俺とクソガキの俺が衝突する。
原因はある程度わかっている。
理想の俺と現実の俺のへだたりがあまりにも大きいからだ。
前はそれでも、俺をだましだまし前にすすめようという手があった。
今それは時差8時間の距離にへだてられている。

だいたい俺はなんでも一人に負わせすぎなんだ。俺自身にしても。やつにしても。
たとえば配偶者にして家族にして恋人にして親友にして共同研究者にしてライバルにして研究対象にして精神安定剤とか並大抵の人間は音を上げるのも当然だ。
やつはアホみたいに器がでかいのでなんとか収まったが、過去の俺はそれで何度か失敗している。
本当なら思い出したくない。俺は本気で「我に恥見せつ」と思っている。だが小林秀雄が嘯いたくらいの理性は俺にもある。だから俺は何もしない。何もしないことが俺の報復だ。
いやそんなことはどうでもいい。
問題は、俺が全身でよっかかっていたよりどころが限定された手段になって、俺は「俺もまあいい大人になったよな」みたいな自惚れの横っ面をはっとばされて、クソガキでしかない俺がまだ居座っているという事態に唖然としているということだ。
このクソガキどうしよう。
ほっとくとどんどん俺がかき乱されていくんだけど。

つーか何回「俺」って言ってるんだ俺。
まあ俺がかまってやらないと俺をかまう人間が0.5人くらいになってしまうのでしかたない。
だいたいここ俺帝国だし!

そんなわけで、俺は俺の吐瀉物をいったん吐き出して外から眺めるという悪癖を再開してしまったわけだ。ワー俺キモーイ
だがそんなことは前から分かっている。きもくない俺なんていねえ。
ただ俺は仕事の要請上ひっしのぱっちでつくろってきただけだ。
このきもいクソガキのご機嫌をとらなくては、俺はどんどん暗くてだめなほうに傾いてしまう。
俺ちゃんと生きろ。俺は俺を説得しなくてはならない。

まあ俺ネタ話もしておくか。
おとな俺ネタとして、ちゃんとした社会人を偽装するために化粧品に多少詳しくなった。
まあもともと芝居向けのメイク知識はあったわけで、そこを修正すればだましだましなんとかいけていたのだが、大人らしくいわゆる「デパコス」に多少手を出したりなんかしたので気分はもうすっかりできる淑女よ。気分は。
某こんにゃくやにさんざっぱら「女子力が低い」ことをディスられていた俺であったが、さすがに奴も化粧品話は疎いであろうから総合点で俺の女子力がとうとう奴を上回るときがきてしまったというわけだ。
とは言うものの奴であれば「あールブタンのネイルエナメルは凶器感あってすごいですよね。発色はいいんでしょうか」みたいなトークを平然とかましてくる可能性ある。いやあんなん俺だって買えねえからわからんけども!
ネタがわからん人向け参考:http://www.vogue.co.jp/beauty/news/2016-04/28/christianlouboutin
どうでもいいけど口紅だったら機内持ち込みできるんですかね。武器につかわれる恐れありとかでアウトになるんですかね。
金もってる社会人女性とかに試してみてほしい。俺はちょっと無理。あれをつかいこなせる女子力がねえ。

こども俺ネタとして、俺もぽけもんを集めたりしているのですが、集めるだけ勢にしかなれないです。
ジム?とかいうところいくとたいていつよさが1000超えのすっごいのが君臨していて、正直後から入ってきたヌルいにわか勢が何かできるとは思えない。
一回某国の空港で、目の前でジムができて、つよさ200くらいのよわいいもむしが君臨してたので「これなら俺でも…」と思っていたらやつは疑似餌でいきなりつよさ2000超えのドラゴンみたいなのが出てきたので一目散に退散したことがある。
なので集めるだけ。
まあねこあつめの亜種と思えばいいよね。ねこあつめのが安定感あるけど。
先月ロンドン行ったら、某無差別殺傷事件のあった公園でもいい大人がしゅっしゅしゅっしゅモンスターボール投げてたのであんしんしました。まああの公園はもともとのんびりしたところだし。
ロンドンだとたいていパブがポケストップとかいうぽけもんポイントになっておる。パブはだいたい座り心地のいい椅子があって、長時間だらだらしてても何も言われないし回転率とか気にしなくていい(実際どこのパブにもたいてい昼間っからのんだくれて寝こけているおじいちゃんが一人以上いる。あれはパブの備品なんじゃと疑うくらいに)し、だらだらしながらぽけもんを集めるのはちょっと楽しい。
噂によると出現ぽけもんにもお国柄があるそうなのですが、俺の観測範囲ではロンドンはエスパータイプがやたら多かったです。まあホテル泊まりだったからスリープがやたら多かったのかもしれんが。それにしても多かった。あとゴーストタイプも昼間っから出た。「さすが血塗られた国…」とか思ってたら帰国してから職場帰り道にゴース出た。まあ夜だけど。
まあ日本だともうちょいかわいらしいのが出るのが多い気がする。
ピカチュウは関空のぽけもんショップにいた。とあるパブが「うちの店でピカチュウでたってよ!」って宣伝してたけど、俺はそのパブにいかなかったのでロンドンでは見なかった。
まあピカチュウといえばありさとがすきなやつ、くらいのヌルい知識しかないにわかだし…
前知識がぜんぜんないので、とりあえずキャラについてはこきんに聞いている。たまに息をするように嘘を教えてくれるがだいたいはあっているはずなのでそれで問題ない…はず。
アプデでなんかかわったりしてるらしいが正直よくわからない。
ぶっちゃけ俺みたいなにわかが救済されないかぎりこれ一過性だよなってもう2か月くらい前から聞き飽きたことは正直俺自身も思ってる。
まあいいや。



ぼっち生活アゲインなせいで、ローカルコトダマ空間でもリアル空間でも若干荒れ気味なんだけど、これがよくないのはわかっている。
両方ともちゃんとかたづけて、だめ会なりともだちよぶなりしたほうがいいのだろうな、とも思う。
でもその気力ってどこから持ってくるんだろうな。
「気力 デリバリー」でぐぐって答えが見つかればいいのに。



[920] やべえ某NTPみたいになってきた Name:あず@いきてる Date:2016/04/03(日) 13:06
生存報告が年単位になっておる…

いやだって余裕なくてさあ…(←言い訳)
世の中のせんせーがたはよくこれでいろんなことをまわせてるな…
俺が要領わるいだけなのか…

まあ自分の要領のわるさというのはわりと最近つくづくと思い知らされることである。
一部の人は知ってると思うが、俺はまあわりと肝心な時期に多少不幸だったので、その影響が今でも尾を引いてるなーと思うときがある。
だから、俺と似た不幸(といってもだいたい俺のより軽そうなのがさらにつらみ)に陥りそうな後輩がいれば、ついついおせっかいを焼いてしまうのだけど、それで俺の「不幸感」は軽減されても、実際に被った不利益についてはむしろ悪影響というかなしみ。
自分のことだけひたすらやってれば、もうちょい改善されるかもしれんのにね。
でもやっぱ自分のメンタルヘルスだいじだからなあ。
そういう意味ではちょっとカーブしただけの自己中だな。
まあでも世の中そんなもんなんかもしらん。


まあこの一年いろんなことがあった。
ニンジャスレイヤーはアニメ化し、だいぶ一般的なコンテンツになったと思う。いやマジで。
やはり次狙うのはハリウッドメントオーだと思うのだが、俺がかねてより思っていることが一つある。
ガンドー=サンの役はジョージ・クルーニーがやるといいと思います!
…ものっそい個人的な趣味みたいに聞こえるがそうではないぞ!
あんなあざとい人たらしのおっさんは、やっぱりベタなくらいあざといおっさんが演じるのが合うと思うんだ!
わらいなく=サンの描く四角くて毛深いかんじが若干似てると思うし!

俺は「ゼロ・グラヴィティ」観て以来、あのあざといおっさんにだいぶやられているのだが、某国のポスドク(韓国出身)に「えーアレがイケメンとかありえなーい。それより桜井翔がイケメンだよう!日本のジャニーズいいよね!だいたいみんな知ってる!」と言われた。
中国出身のポスドクにも「桜井翔ちゃん(マジでちゃん付けした)かわいーい!」って言われたし、桜井翔というやつはどんだけアジア人を熱狂させるパワがあるんだ。こわい。
俺もそれなりに年をとったし、やっぱ好みの対象がおっさん化していくのかなあ。
あざといおっさん、いいと思うんだけどなあ。


この一年でめぼしいことといえば、だめ会で言ったと思うけどドイル卿出身地にいったことかなー。
コナン・ドイルって名前のパブが、チェーン店の一角だったり、コナン・ドイル・センターっていうのが「あなたは死後の世界を信じますか?」系スピリチュアルななんかだったりして、ドイル卿あんまし愛されてねえのかな…ってなった。
この街的にはスコット卿のがイチオシっぽい。
すんげーでかいタワーとかあるし。

あといろいろと偉人の像があるのですが、なぜかだいたい頭には鳥が乗るという。
頭は人気スポットらしく、鳥が奪い合って乗ってました。
とうぜん像は残念なことになる(画像参照)。

んでもって俺が行ったのはフェスティバル時期だったので、街がすげーにぎやかなのな。
でも研究のためにいったので、大学の借りた部屋で、バンドの爆音聞こえる中ひぃひぃ言いながら仕事するという苦境だった。
あそびにいったのならだいぶ楽しかったろうにのう…
でも空き時間に小コンサートと、非言語芝居を見に行った。
非言語芝居はだいぶよかった…
空中ブランコ×芝居だったんですけど、やっぱダイナミックな芝居っていいよね…
基本的にセリフがないので、早口だと聞き取れないへたれの俺にもやさしい。
やっぱ芝居はいいものだなあ。

ちなみにフェスティバルは、場所の交渉さえできれば誰でも参加できるらしい。
スーパーで日本語しゃべってたすき掛けの着物の人みたし、あっちのボスは「日本人が太鼓演奏するの見に行った」って言ってたし、街中にべたべた貼られたチラシのなかに、日本人コントを宣伝してるのもあった。
これは突劇金魚世界進出のチャンスですよ!!!
とさりんぐに伝えたい。
世界進出したいと思ってないかもしらんが。
でも世界中からいろんなパフォーマーきてるから、場所確保するの大変だろうなー。
あとさりんぐはわりとせりふ大切にするから、関西弁以外の言語だとうまくあの空気出せないかもしれない。いやわからんけど。

まあ研究もそれなりに進捗あったので、あの滞在は楽しかった。
もう研究に専念できないご身分だからかもしれんけどな…


それと名古屋いった。2回も。
1回は出張、もう1回は完全に遊びで。
水族館にも行ったよ!
あと水族館前のロブスター屋さんでロブスター=サンごっこしながらロブスター食った。
ロブスター=サンこの1年で大ブレイクしたからな…

水族館ではコウテイペンギンにひれ伏してきた。
かわいい生き物っていい……癒される……
あと南極探索船みたりとか。

あーいろいろあったのに、まとめてしまうとざっくりにしかならねえなあ。
やっぱ生存報告はもうちょいこまめにすべきだな。


とりあえず、いきてます。しんでません。
まだ無職にもなってません。
とはいえはようどうにかしないといけないんだけどなー……
まあ世の中やっぱいろいろ大変なもんだな。

今年はもうちょいなんとかしたい。いろいろと。



[919] 1ヶ月以上たつから生存報告 Name:あず@こたつ Date:2015/04/06(月) 14:29
そろそろ生存報告しておくか。
レモンジーナの評判が巷であんましよくないのに驚いている勢の俺です。
なんでやあれイギリスで飲むレモネードに似てておいしいやろ。
あれか甘い味期待して飲んだら甘くないからまずく感じられるのと同じ現象か。
シュエップスもそれなり定着してきてせっかく日本でもイギリスっぽい飲料が飲めるようになったというのになんでだ。
エルダーフラワージュースとかよりよっぽどおいしいだろ。
そいやああいうハーブがメインのジュースってあんまし見ないね。
やっぱり日本の味覚にはあんまり合わないのであろうか。

ちなみにこの春国内でしゅーしょくした。
いや、今まで無職だったわけではないんだけど、こーせーねんきんというものを天引きしてくれるシステムに組み込まれたという意味ではガチしゅーしょくである。
とはいえこのご時世なので非テニュアですよ。
まあ千里の道も一歩から。
とりあえず自分部屋が与えられたのでよい。
ただまあ自分で整備しなくちゃいけないのだが。
お茶飲むための湯沸しポットをどうにかして購入せねば。
流石に研究費で買うわけにはいかないので私費購入となるが、私費なら見積もりとかの縛りはないわけで何買うかすっげー迷うわけである。
どーしよっかなー。やっぱ某T社のをネットで安くかうのがいいのかしら。
まあ買い物って選んでるときがすげーーーたのしいよね。

それとちょっとオランダにいってきた。
チーズとぽてぃとぅの国でたいへんしたしみがもてました(棒)
まあ耐性があるってのはいいことだ。
手軽に食べられるおいしい料理は他国料理なあたりとかも。
ただ朝食メニューの薄切りパンにバターやジャムやハムやチーズをてんこもりにするやつとか、昼食メニューのパンにハムとかチーズとかのっけてこんがり焼いちゃうやつとかはおいしかった。

だが許せないのは紅茶だ。
紅茶を頼むとやつら、「ぬるま湯が入ったマグカップ」とティーバッグを渡してくるですよ。
ありえん。ありえんすぎる。
そんなもんだすくらいなら紅茶だすのやめてしまえ。せめてTeaって名乗るのやめろ。Tea-flavoured hot waterとかにしろ。
なので流石の俺もココアばっかのんでた。
まあバンホーテンのお国なのでココアはうまい。
ただしホイップクリームのせココアは若干重ため。
学会でずのうカロリを消費した体にはてきめんに効く。アーイイ…遥かにいいです…ってなる。
でも常用するとたぶん体型かわる。

それとオランダ語めちゃめちゃ難しいのに観光都市だからみんな英語しゃべってくれる。
オランダ語の本買ったけど、結局食べもの屋でメニュー解読するときにしか開かなくて(たいていの店は英語併記してあるけど)、本とにらめっこしてるとだいたい英語メニューいる?って英語で聞かれる。
本の活躍する隙がねえ。

景色的には運河都市なので運河と建物がよいかんじである。
んでもって運河なので船が多い。
ちゃんと移動する船だけじゃなくて、ボートハウス?とかなんかそんなかんじの、運河上のおうちがわりと多い(画像は一例)。
ただそれ以上に自転車がめっさ多い。ものすごく多い。
なんかもう国のシンボルになってるらしい。それくらい多い。
たいていの道に自転車エリアあるしびゅんびゅん走ってるしそこらじゅうに駐輪してある。
そして古いタイプはブレーキがない。
…もちろん俺に運転できる気がしねぇ。
なので移動はもっぱらトラム。
トラムの路線も街中だいたいカバーしてるし。
ただ当方泊まった宿の最寄駅が工事中?か何かで稼働してないっぽかったのと、複数駅あるわどこ行なのか何駅なのかの表示がちっさいので駅にたどりつくまで迷う迷う。
俺もそんなに空間情報処理とくいではないのだが、同行したあほきょんが俺なぞ目ではないレベルで方向音痴で自信を持って間違った方向に進むから事態はどんどん悪化する。
そんなこんなで無駄に疲弊した。
そしてその疲弊した体にホットココアがスーッと効いて…アーイイ…

アーイイ…系ネタ、そしてオランダとくればアレなはっぱとかそのへんが有名ですが、やっぱりそれっぽい人はいたようです。
基本的にアレなエリアには近づかないようにしていたんだが、なにせ学会会場がアレなエリアの隣の通りにあったので、隣の通りから流れてくる人の中にどうも羽目を外しまくったかんじの人もおりました。
男性のぶらぶらさしてるやつをかたどった着ぐるみきたやつとか、なんか着ぐるみきてるやつがちょいちょいいたのも謎。
そして大通りの電光掲示板に「先月旅行者が乱用で3人しんだからな!自己責任な!!」みたいなことを警告しててほんとマッポー。
でもマフィアもマチェーテふりまわす系強盗もいないっぽいから某なめくじ都市よりもよっぽど治安はいいのだと思う。
古い建物はきれいだし美術館と公園は充実しているので(ゴッホ美術館入場前の行列長すぎてあきらめた)、観光で行くなら美術館エリアをほとんど出ないかんじで楽しむのが平和でよいのであろう。
つくづく「なんで学会会場そこにしたよ」とつっこみたい。
まあ会場自体は古い建物でかっこよかったんだけどね。

ちなみについでに某帝国にも寄った。
やっぱり国ごとの匂いってあるよな…と思ったね。
オランダはなんかドライイースト?みたいな匂いがしたんだが、某帝国の匂いはなんとも形容がしがたい。
そして帰国するとトランクの中やら持ってった服やらにその匂いが移っている。
あれ何の匂いなんだろう?
あとあの匂いは某帝国全体にあるものなのか、それとも某なめくじ都市に特有なものなのかも謎。
あっちの大学の廊下とかだいたいあの匂いが漂ってるしなあ。
他の都市行ったときに匂いの変化があったように思わなかったから、国全体なんだろうか。
そして帰国したときのほっぺたにべたっとしてくる空気とだしの匂い最高。
魚最高。

某帝国の新聞では、「最近日本のシルバニアファミリーっておもちゃがマジ熱い!いやされる!!」って報道してて二度見した。
何の悪意もない世界にアーイイ…する老若男女が増えてきてて、とうとう専門店もオープンしたそうな。
「警官の仕事は、いたずらしたこどもをめっ!しておかあさんのところにつれていくだけなんだぜ?信じられるか?なんて平和なんだ!!」みたいなコメントが載っててアッハイってなった。
同日のマフィアの動向の記事読んだばっかりだったしな…
やっぱり某帝国といえど癒しは必要なんだ…

それとSherlockのDVD3本セットが15ポンドくらいだったのでかってきた。
最近ポンドたっけぇよう…
おかねがなくなっちゃうよう…


おかねといえば、まあさっきいったような事情でちょいとひっこすかも。
今んとこよりはもうちょいきれいでもうちょい広いとこにひっこすつもりなので、おちついたら新居でだめ会をやろう。
もはやいつまでだめ会ができるかというのもチキンレースじみてきたな。
だがレースならば挑まねばなるまい。
そういうものだ。



[918] 一年たつまえに生存報告 Name:あず@こたつ Date:2015/02/17(火) 06:17
ひゃっほいついに生存報告が年単位になりそうだったぜ!
反省はしている。
まあそれでも数年更新されない某ネタティックな人々(全然伏せてない)よりはましってことにしよう。

まあリアルでちょくちょくこぼしてたとおり、今年度は非常勤でしんでた。
初めて自分ひとりでぜんぶ(しかも大型複数)持ったのでもはやキャパいっぱいなのでした。
ゆうちゃんとか文系はこれ(下手したらこれ以上)が平常運転なのか…すげえな。
特にゆうちゃんなんて俺より体弱いのによくやれてるな…
よーやくだいたいの仕事が終わったので実験とか解析とかにじっくり取り組めるようになってめでたしめでたし。めでたいっていうか結局暇ねーな。
まあびんぼうひまなしですし。
授業をすることに関しては愚痴も収穫もいろいろあるけどまあ大人なのでそのへんはここには書かない。
そういうもんだよね。とも思う。

んでもって生存報告してないあいだに会長が結婚したり某高校同窓会があったりしましたね。
その2つのネタをダイジェストにまとめると
・会長の奥さんに「ころしたいほどあいしてるを読みたいです」と言われる。俺の持ってるB5判はオカンとこの倉庫で残念
・会長の趣味が「論文読み」でネタにされるも、ふつうの人ならふつうの趣味になるはずの「読書・音楽鑑賞」が会長の場合は最もアレというツッコミどころ
・会長の洋楽趣味にあわせて式場の人がBGMを洋楽にしたっぽいがふつうに横恋慕で実らぬ恋だの反社会性ばんざいだの出てきてツッコミどころ
・ゆうちゃんはいったい俺の何をどこまで知っているんだ
・ろいが確率的推論を好き嫌いだけで「非科学」とみなすことに若干いらっときて大人げない議論
・年明け同窓会でありさとと二人お高いホテルをうろうろ
・やはり俺のコミュ障はどうにもならず
・とりあえず3年間クラスがいっしょだったO君と会って話せたのはいいのだがO君が既に准教授になってることに打ちのめされる
・H先生がいたら学位とったこと自慢しようと思ってたのにいなかった
・結局ホテル飯食いながらA先生と話し込む
・シノブ嬢がついにママンに。初の長屋ベビーおめでとう
・それによってとらよんの肩身が現実の肩幅の10分の1くらいに(でもベビーのしもべとして活用されてるぽい)
・ぐるちょもついに結婚するようなのでおめでとう
・ありさとはいつもありさとですげー安心する

あ、あと、ありさとにニンジャスレイヤー・グラマラスキラーズ(いわゆるグッドルッキング重点コミカライズ)を激しくすすめておいたのできっと読んでくれるであろう。
グラキラ版ヒュージはたいそう俺にヒットしたのでした。
あんましBL好きでない俺が「これは…たいそう…イイ!」と思ったのできっとそのあたりの素養にあふれるありさとならきっと楽しく読んでくれるであろう。
俺がどれくらいヒュージクロニクルを気に入ったかというと、コミカライズは買わないつもりだったけど、ヒュージ巻だけ買おうかなーとちょっと思ってしまっているぐらい。
ふだんBL読まない層の俺がコミックス欲しくなるレベルですよ。
ああいう丁寧な心情(それもほぼ表情だけで)描写の物語というのもいいものですな。
…まあBL自体はやっぱり俺はそんなに好まないのだけど。
……だからなんで俺よりこきんのがBLに理解・嗜好あるんだよ!?

ニンジャスレイヤー関係といえば、物理書籍を購入した関係で、あほきょんをニンジャヘッズ化することに成功しました。
…案の定カ・クランになりやがったよあんちくしょう!!
わらいなく兄者の暗黒ウキヨエのバニーガールでユカノ=サンに蚊柱立ててるよあの野郎!
男キャラで好きなのはサワタリの大将だそうです。
んもー大将ったらひとたらしー。
ボーダーブレイクとのコラボでも大将の登場シーンはかなり卑怯なかんじなので、やはり大将は愛されキャラに違いない。


それと今年度俺の中で一番の収穫となったのはA先生と話せたことですね。
演劇関係者俺以外一人も来てねえとか結局交流の復活するような友達なんてそもそもいねえとかせっかく高いおかね払ってるのにろくすっぽごはん食べれてねえとかそういうネガティブ点を吹き飛ばしてあまりある収穫です。
なんか俺あまりにも挙動不審というかまともにしゃべれてなかったというか自分本位な話しかできなかった気もするのだけれど。
ことばというものがいかに不自由か、それでもその不自由なことばをつかって何かを伝えようとすることがいかに尊いか、とかそんな話をしていて、結局俺ってことばのこと割と信じてるんだな、と思った。
そしてA先生は俺のことをわりと評価してくれていて、「頭のよい文章を書くと思ったのはこの学年ではおまえとYさんだけだった。まあ2人のタイプは違うしおまえはYさんのことが嫌いみたいだけど(いや。俺は別にその人のことが嫌いなわけではなが…まああんまし馬が合うわけではなかった)」「そういうおまえが研究をすることに意味がある」と言ってくれたのだ。
あのくそなまいきなガキであった俺の中の芽をしっかり見ていてくれ、そして今のこの体たらくな俺にまだその芽が枯れていないと信じてくれているひとがいるというのだ。
ジョブオファーやらファンドやらの公募に書類出しても出してもうすっぺらい封筒でお祈り文言のうすっぺらい紙ばっかもらっているだけの俺にはたいそう励みになった。
そうだ俺もちゃんと俺を信じよう。
まだまだ挑み続けよう。
俺には俺の思考しかないのだから。

>ロボットといえば
相変わらずロボット愛パネェな!?
ロボットといえば、ニンジャスレイヤーでもオイランドロイド(オイランというか芸者のアンドロイド…ガイノイド、だっけ?)のエピソードがあってなかなかいい話なのでおすすめ。

ゆうちゃんをニンジャスレイヤーに勧誘するには、たぶん一筋縄ではいかないので、間にこういうものを挟んでみる
https://twitter.com/chikaxavi/status/358944949691113472/photo/1
…ずっと気になってるんだが詳細は知らぬ。

ホームズランドの行方がどうなったのかは知らんが、長屋旅行イギリス版やろうぜ!という話は年初の飲み会で出た。てか俺が出した。
まああん時とちょっと事情が変わってくるかもしれないのでうかつなことは言えないが、それでもじっくり計画すればやれないことはないはず。
イギリスが最有力候補なのですが(みんなてきとうな店でてきとうなふぃっしゅあんどちっぷす買ってのたうちまわるの経験しろ)、ゆうちゃんあたりが前にいってただめ会@オクトーバーフェストも捨てがたし。
いっそ周遊きっぷでも買って、2、3か国回るのも手か?
とりあえず計画練り始めようぜ!



そういえばTedは2が出るらしいですね。
…誰得なんだよ!!?
あの屑っぷりを受け入れてくれてた彼女と別れるところから始まるらしいと聞いて、某クソゲーとして有名なえろげを連想して頭を抱えている。
なんで不幸なほうにしかもっていかないんだ…


画像は去年とった中でまあまあ気に入ってるほうの。
結局去年忙しすぎてろくに写真撮ってないわ。
今年はもうちょい撮る。
…なんせ俺の手元にはおさんぽマクロがあるのだから……!!



[917] ごぶさたしております Name:ゆ Date:2014/03/17(月) 18:11
まあ確かにロボットが少女の形態を取る必要はないというか、
また文化女中器かおそうじガールか、という話ですしね。

ロボットといえば、最近はスペース☆ダンディに出てくる
QTがトレンドでしょうか。あとナンダカベロニカの
モーガンさん。モーガンさんはポップで渋い脳缶執事。
それとミス・モノクロームに出てくるルーちゃんも
かわいいと評判ですね。どう見てもただのルンバやけど。

ホームズランドは半端無い地雷臭がして良いですね。
完成した暁には、全世界のシャーロキアン待望の
巨大地雷テーマパークとしてきっとあちこちから
せせら笑うためにみんな集まってくるんではないでしょうか。

だめ会で見た「ハングオーバー」という二日酔い映画は
確かありさとさんの知人チョイスだったようか気が……。
なんか人気あるらしくて、そのあと見た映像ものなんか
でもちょこちょここれのパロディを入れてくるんですよね。

そういえば、だめ会後に出してないはずの象牙の箸が
紛失していてびっくり致しました。はんにんはだれだ。

[916] 本当に月単位になっとる Name:あず@こたつ Date:2014/03/08(土) 19:16
「日記」じゃなくて「月記」ならちょうどいいのではないだろうか。
というわけで前回より1か月くらいたったことだし生存報告でもしておくか。

俺のメアドはPubMedにのってるので、バイオ系スパム(「酵素いかがっすか〜」とか「遺伝子操作安くしますよ〜」とか)がちょくちょくくるんですが、さっき見たスパムが二度見案件だった。
件名が「遺伝子操作マウスと美味しいコーヒーをどうぞ!」みたいなかんじの。
あまりのタイトルに思わずメール開いたら、「自社の遺伝子操作マウスを今月中にご用命いただいた方に、コーヒーメーカーを無料でプレゼント!」ってキャンペーンの案内だった。
いやいやいやいや。いくら研究室のコーヒー消費量が激しいからって。
いやでも一応アリな商法なのか?
でもこの件名まずいだろ。遺伝子操作コーヒー豆とかあるのかと勘違いしかけたぞ。
ってメール読んでたら、キャンペーンコードが「Coffee4Mice」でやっぱおまえ狙ってんだろおおおおおおってなった。
俺が遺伝子操作マウス系の研究していないのがつくづく残念である。
そっち系の研究者の知り合いもいないので、このおもしろキャンペーンを活用することができないのが残念だ。

しかし、自分がコレスポンデンスの論文が1こでもあるとメアド公開っていうシステムはまあちょいめんどくさいな。
研究者なんてもんは半分公人ということか。
いやまあ国公立の機関に勤めるってことは公人的なもんなのかのう。
下っ端でもか?
よくわからんくなってきた。


論文系のネタといえば、前に学会誌の表紙絵ネタが炎上してたけど、結局平行線のまんまみたいね(当たり前だけど)。
http://togech.jp/2014/03/06/6516
今月のもあわせてみるといろいろ考えられて面白いな。
そして人は自分の中にあることばでしかものを見られないし伝えられないのだなあ。

例のネタで炎上したとき、しっかりゆうちゃんみたいなのもいたしなあ。
http://anond.hatelabo.jp/20131227111949
自分の中にあることば…思想……うん。
まあどうせならこれくらい極まっておくべきである。

もともと俺が学会誌表紙ネタで気になっていたのはこっちなのであった。
http://newclassic.jp/archives/5584
こーいうのいいよねえー。
ワザマエをかんじる。

まあこんなかんじで「ワザマエ」とかついついニンジャスレイヤー語が浸食してきていて、実際正しい日本語がなんだったのかわからなくなってくるね!
でも結局ニンジャスレイヤー読みがこきんしかいないので、ニンジャスレイヤートークも特にできず。
ってそういうときこそ掲示板に書き散らせばいいよね!ここは俺の落書き帳なんだし!!!
ちなみに俺の一番すきなニンジャはガンドー=サンです。おっさんモエ=キャラカワイイヤッター!!
俺ふだん飄々・いざというとき活躍男性キャラ好きすぎるだろ。
あと大将とかもすき。
くるってるのに面倒見がいいとかすばらしすぎる。一応「いざというとき活躍」キャラでもあるし。
それに寄る辺ないやつらが集まって疑似家族を構成するというのも俺の中ではポイント倍点!
女性キャラに関しては、まあ世界樹とかななどらでさんざん重点してるとおり気の強い小娘が好きなのですが、あんま該当者おらんなー。
強いて言えばイグナイト/ブレイズ=サンなんだが若干アホノコ・アトモスフィアなのがなあ。
かわいいけど俺の好みから若干外れる。
そういう意味で女性キャラでトップはフェイタル=サンかなあと思っている。カップルカワイイし。
こきんはフロッグマン=サンとエーリアス=サン推し。
ケモ趣味でフェイタル=サン同志になってくれるかと思ったけど、どうやら「違う」らしい。
趣味ってむずかしーねー…
あ、二人ともヤクザ天狗=サンは別格な。っていうかすべてのニンジャヘッズにとってヤクザ天狗=サンは別格だよなあ。
ニンジャスレイヤーは本当に魅力的なキャラが多くて楽しいなあ。
だからみんなもニンジャスレイヤー読もうぜ!


それと今年はSherlockシーズン3がいよいよやるやる詐欺を超えて実際放映されたそうですが、日本でもBSとかで春に放映されるらしい。
Sherlockすげー早口で英語わからんこと多いので、実際日本版は見てみたいですな。
結局DVDかってないしなあ。
今度いくときにかう。
…今年行く予定ないけど。

それでもロンドンでホームズ展やったり(http://dramanavi.net/news/2014/01/post-2535.php)、ポーツマスにホームズランドつくったり(http://dramanavi.net/news/2014/02/post-2625.php)する予定があるそうなのでまあ気にはなるね。
ゆうちゃんとかぴゅっといってくるのいいんじゃねwww
長年話には上るけど実行されない長屋旅行海外版でもいいな。
長屋旅行ホームズツアー。
ロンドンとポーツマスと…あとどこいけばいいんだ。
まあ湖水地方でピーターラビット博物館みてまったりするのもおすすめだよ!
ゆうちゃんいきたそうな場所ってそこらへんしかおもいつかねえ。
会長だったら北欧推しだろうしなあ。
とりあえずホームズランドがベイカー街にあるホームズ博物館よりたのしいものになるのかどうかが期待重点ですな。


どうせだから顔本とかには書けないようなドン引きネタも書いてしまおう。
体調がよろしくないときにけーき食べたらけろけろしてしまって、そしたらそのブツがチーズめいたにおいになってしまった。
やはり生クリームが発酵するようなもんなのであろうか…?
でも、トマトソースとかでけろけろするとなぜか梅干しのにおいになる。謎。
誰か似たよな体験してないだろうか?と思ったけど、胃腸よわそうなのがこきんしかいねえー(ゆうちゃんとかは循環器系だしなあ)。
俺胃腸はつよいほうだと思ってたんだけど、比較対象がこきんだしなあ(例の食中毒事件の重篤度とか)。
こきんと比較して「俺そんなでもないわ」って思ってたら世間一般の平均とは違う案件いくつかあるしなあ。
「俺こきんのバリバリ頭より髪やらかいし、髪やわらかいタイプだわ」→実は平均より髪固いタイプ。とか。
「俺こきんより鼻きかないし、あんま嗅覚よくないわ」→実は平均より嗅覚きく。とか。
…あれそれってこきんがだいぶハードモードってだけなのでは……?

まあいろいろハードではあるよねー。程度問題だけど。
それでもいきてるよ、俺ら二人とも。
まあなんでも議論は定義と程度をあきらかにしないとできないけどな。
ってそもそも議論は関係ないのだった。


あーそれとレンズのことでたいそう悩んでいるのであった。
レンズの修理代、ニコン公式HPで見積もったら1万3千円するんだよなー。
→これもうオートフォーカスきいて風景もとれるマクロかえばよくね?
→でもそしたらこのこわれたレンズどうすんの?
で修理か購入かで迷っているのである。
…まあ修理&購入って手もなくはないけどさ…
かかくこむ見てても、「標準レンズこわれちゃったけどどうしよう」「標準じゃなくて好みの単焦点かえば」みたいな会話ちょいちょい見るしなあ。
……でもそういう場合、こわれたレンズどうすんの?廃品回収?それはそれでもったいなくね?
でもなー修理代+αで別レンズ買えちゃうのがなー。
いおんちゃんに相談したらたぶん「もったいないって思うなら修理&購入でイイヨ!」みたいなあくまのささやきしてくるだろうしなあ。
うーーーーーむどうしよう。迷う。

そういえば最近そんなかんじで決断力にかける。
なにか俺よわってきてんのかな。意志とか。
…いやまあいろんなことがうまくいかないから自信がないとかもあるんだろうけどさ。
どうしたものだろうね。

……とりあえずレンズをさ。


[915] せめて月単位の生存報告を Name:あず@こたつ Date:2014/02/01(土) 02:41
1月も末になったのでまた今月をふりかえろう。

あ、年明けの挨拶がまだでしたね。
あけてもう1月たちますが今年もよろしくお願いします。

年明けは同期会とだめ会でした。
どっちも結婚発表というおめでたい席でした。
いやあわれわれも否応なくオトナになっていく(されていく?)んだなあ。

今回の参加者は、場所提供者のゆうちゃん、おめでた会長、ちょこっとだけありさと、久しぶりのいおんちゃん、やさぐれとらよん、途中参戦のKZろいでした。
あと俺。
とりあえず、ありさとといおんちゃんにひさしぶりに会えてうれしかったなー。
あと会長も祝わないとな!
とらよんは相変わらずだが…なんかやさぐれておった…

今回の俺のお土産、トカイワインは大層美味でした。
俺が言うのもなんだけど。まあ俺が作ったんじゃないし。
はちみつの甘さもありつつ、甘さグレードそんなに高くないので、ぶどうのさっぱり感も残ってて、いやあこれ傾けるデザートタイムって至福よ?
これはすなおに評価したい。

失敗だったのは、イギリスのたまごライムカクテル。
「え、ふつう」って反応しかかえってこなかった。ゆうちゃん以外からも。
くそう精進が足りなかったか。
まあしばらくは予定ないけど、どうせまた学会かなんかでどっかの国に行くのでリベンジ土産はそのときまでおあずけ。

ゆうちゃんのお土産は…
……罠だった…
「島根でだめ会向けにワイン買ってきております」なんてゆうちゃんが口当たりのいいこと言ってるなんて、そらあもう全力で疑ってかかるべきだった。
なんで俺は勝手に北海道や長野の国産ワインあたりのイメージをもってしまったのか。
俺はあほだったと思う。
ゆうちゃんはきっとほくそ笑んでただろう。

…なんだよとうがらしワインって…
ふつうとうがらしとワインはいっしょにしねえよ…あまつさえ飲むとかねえよ…
…評価セズ。

それと、ありさとが用事あって最初の映画分くらいまでしかいられなかったのが残念。
まあでもありさとにトカイワインのんでもらえたからいいか!
またなんかどっかの国の(ネタとして/味が)いい飲み物調達するから、またのもーな!!


だめ会はだめ映画会を兼ねていたのでそっちもレビューしとくか。

まず最初にみたやつのタイトルは忘れた(もうだめだめじゃねーか)。
たぶんゆうちゃんあたりがあとでこっそり教えてくれるだろう。
ちなみにゆうちゃんチョイス。

内容は、結婚前日の男の人が独身最後の夜を友達同士パーティーして過ごすという欧米の慣習をやったら「やらかしてしまう」という話。
会長の結婚ニュースがきてこの映画を選ぶあたりゆうちゃんさすがすぎる。
しかもこれ2だよ。シリーズものだよ。そういうときふつう1から借りるだろ。さすがゆうちゃんだよ。
まあでも1の内容もなんとなーく予測できた気がしたけどな!
もうちょい詳しく映画の内容を説明すると、独身最後パーティーすることになって、パーティーの一晩を過ごして目覚めた翌朝、信じられない事態ばかり(これはもう詳しく説明するだけでネタバレなので説明しない)が起きてて、いったいパーティーで何やらかしたんだ俺たち!?ってなってる状態から少しずつ手がかりを追ってパーティーの全容の解明、そして事態の収拾をめざすというミステリ仕立てのストーリーです(真顔で書き終えた)。
パーティーの内容自体はエンディングロールでようやくあきらかになるので、ミステリすきなひとはこの映画おすすめできるかもね(当社比)!!
いやあ本当ひどい。
何よりひどいのは、これを結婚控えた会長に見せるゆうちゃんですわ。
ということで、会長の結婚前には会長の独身パーティーを開催することがしめやかに決定づけられました。
結婚前とかしぬほどいそがしいのにな!
いつにする?3月?4月?


次に見たのは『テッド』。
あのゆうちゃんイチオシのおっさんくま映画ですよ。
ペグ&フロストコンビがすきなひと向けに解説するなら、「でぶがくま」。
かみさまがくれたすてきなちから☆で、くまのぬいぐるみがおしゃべりできて自律運動できる本当のおともだちになったよ!→20年後…。
って話なのは宣伝のとおり。
問題は、そのくまおっさん、おっさんとしてもひどすぎね?って点。
ひどい。
だめ会向けにいうなら、ゆうちゃんぐらい社交的で、会長本性まるだしモードくらいえげつなくて、ろいくらいKZ。
ペグ&フロストでいうなら、自重しないポール。
なんであんなにひどいんだ…
そいやポールも典型的だめアメリカおっさんキャラらしいし、だめアメリカおっさんっていうのはだめイギリスおっさんよりもえげつないのかもしれない。
まあそんなひどいキャラっぷりもありつつも、しっかりハッピーエンドにもっていってくれるので楽しい(いやあかんやろ、と素でつぶやいたことは都合よく忘れておく)。
いやーこれは一見に値しますなあ。

あ、んで、『テッド』の展開にみんながハラハラドキドキ夢中になってるときにろいが参戦しようとしてた。
ゆうちゃんの仕事場の外で、通りすがりの人々に不審者を見るまなざしで見られながら、みんなの携帯に電話をかけまくっていたらしい。
映画のラストスパークの一番いいところに入ってこようとするとか間の悪いやつめ。
っていうかせめて不審者に見えないくらい身奇麗にしたらいいのに。


んでその次に見たのは俺イチオシ『銀河ヒッチハイクガイド』。
ゆうちゃんは何度も見たとのことなので、さきにマーヴィン(愛されゆるキャラロボだよ♪)のミニゲームをやって場を和ませた(真顔でry)。
いやーほんとうにこれはいい映画だなー。

んが、ろいが前の晩見たとかいうアニメと比較してきてうざかった。
お前の見たアニメとかしらんがな。
なんかひとがしぬアニメを見て、「いやーこの映画ひとがしななくてほのぼのだなー」とかほざいてた。
冒頭で人類は2人除いて全滅してるんだが…???
あと「SF好きがすきそうなものがいっぱいでてくるからこの映画がすかれるのわかるわー」とか。
そういうSF定番お約束をかたっぱしからイギリスンジョーク()にしていくシニカルなところが人気なシリーズなんだが…???
他にもなんかとんちんかんなことを言ってた。
ひょっとしたら、ろいはひきこもりすぎてもう英語わすれてるんかもしれん。
話理解してないようなリアクションばっかだったし。

それどころかあいつ、俺様のことを「ふとってる」って言いやがったんですぜ!?
俺様が!?標準体重以下の俺様が!?
まあ結婚前のやつれてる状態よりは体重増えたかもしれんが、ここ数年プラマイ2キロをキープしてる(これはまあ自慢かもしれんが体質だ)俺様が!?
ろいがでぶったからって世の中すべてのひとがでぶったと思うとか信じられん。
俺様までまきこむんじゃねーよ。

当初「ろいを最初っから呼ばなかったのかわいそうだったかな」とか思ったけど、映画はろくに見ないで自分の見たアニメの話しかしないし、俺様を貶めやがってろくにひとの話も聞かないし、過去にトイレを壊したことにもあんまし罪悪感がないようすだし、とらよんにもゆうちゃんにも無差別に暴言はくし、ろいは本当にKZだなあと思いました。
少なくとも、映画見るときと上等なおさけを飲むときにはろいは呼ばないほうがいいな。

そういえばろいはなんか炭酸をつくる機械を持ってきて、水を炭酸水にしたりしてた。
俺その機械にちょっとだけ興味があったので、それがいかにふべんで使い勝手が悪いか実演してくれたことだけは評価してもいい。
でもお酒を炭酸化させようとしてた。
俺のトカイワインは言語道断だし、ゆうちゃんのとうがらしワインは別の意味で言語道断だったけど、基本750mlないと炭酸化できないらしいのでできなかった。よかったよかった。
んでも750ml炭酸って結構多い量だよな…
炭酸水を最大500mlペットでしか売らない日本で需要あるのだろうか。
1.8l炭酸水売ってるような欧米ならともかく。
まあでも炭酸水自体は炭酸飲料とちがってあまくなくて食事をじゃましないし口もすっきりするので、ごはんのおともには優秀だけどなー。
機械はちょっと効率悪いな。


まああとはだらだら飲んで終了してしまった。
俺としては、ゆうちゃんおすすめの「シャーロックホームズの弟(公式には存在しない)が歌って踊って事件解決する」というアレな映画も見たかった。
次回できればぜひアレを見たい。
次回…がいつになるかはわからんが、もしできれば例のペグ&フロスト映画のDVDをあっちで入手したいと思う。
あれ結局いつ日本で公開するんだろ?たしかアメリカは今年だったと思うんだが…
つくづく向こうの上映期間かぜひいてたことが悔やまれる。


あ、それとひさびさにいおんちゃんとカメラ話できたの楽しかった。
いおんちゃんなんかすごいレンズもってた。
あと単焦点の誘惑してきやがる…!
く…っ!!
だが俺は耐えてみせるぜ…!

それで思い出したけどまだレンズの修理行ってないわw
梅田とおい…

それにさむいと外出がおっくうなんだよなー。
ぬくくなったら花とか苔とか撮りに行きたい。
さむいのきらい。


あとは…
雑務な時期になってきました……
いやまあしょうがないよね。年度末に向けていろいろと。
そういう時期だし。

そーいやーアメリカではれいのくさが解禁された州があるとかで、れいのくさ関連の議論をネットでもリアルの雑談でも耳にするんだけど、なんでれいのくさ擁護派って「依存性は酒/たばこより低い!」だけで合法化できると思ってんだろ。
ていうか、リアルのほう、pubmedはじめ各種論文アーカイブ利用できる立場でのうみそ沸いたこというなよなー、と思う。
pubmedなんかで検索したられいのくさが認知に与える悪影響の論文がさくさく出てくるだろ。
俺の研究分野のほうでも、臨床系論文情報なんかにたまにまじってた。
れいのくさ擁護派=あたまが傷んでも気にしない派と解釈するぞ。
俺らの仕事なんてあたまが商売道具なのに。
まあ、あたまが傷んでも幻覚を見たい、とか、あたまが傷んでもインスピレーションやら神のお告げやらを受けたい、という人もいるんだろう。
…後者に関しては、ぶっちゃけ頭皮から電気刺激出すやつでなんとかなるかもよ?
(電磁刺激のほうなら、刺激で神秘体験!って論文あるしな)
かたや非合法侵襲性、かたや合法非侵襲性(一応ね)、どっちがいいかっていったら後者じゃないかねえ。
まあ後者は初期投資が数十万か数百万か(価格うろおぼえ)するのがネックか。
んでも一度買ったら食塩だけで運用できるのになあ。
れいのくさ末端価格とどっちがトータルでとくなのかは、そっちのおねだんをしらんのでよくしらない。

ちうか、脳に刺激を与える方法が普及しまくっていったら、そういう「電気/電磁刺激ドラッグ」みたいなんもはびこったりするのだろうか。
サイバーパンクっぽーい。
「SFが流行らなくなったのは、現実がSFに追いついてきたから」なんてことを言ったひともいるらしいが(うろおぼえ)、まあそれにも一瞬うなずきかける勢いだな。
とはいえ、れんがを積んで積み飽きぬのが科学なんだし、どんどんこの「先」は伸びていくだろう。
そしてそれでもヒトの想像力はそのさらに先にいて、つまりSFに終わりなんかないってことですよ。
ヒトあたますげえ。
ということで、みんなもっとあたまをだいじにしてもいいんですよ?

まあ、あたまをだいじにしまくるひとはおさけものまないらしいけど。
うーむ。あたまにやさしい範囲で、文化を楽しんでいるということで。

こんげつのひょうご:あたまにやさしく。

って今月ってもう…


画像は熊本のを発掘。



[914] 師走だからやすみやすみで Name:あず@こたつ Date:2013/12/27(金) 05:41
今月しぬほどいそがしかった。


まず月初めに信さんたちのお寺ライブ行ったろ。
ねーさんやノボリコさんの声、信さんや知らないおじさん(失礼だがわたしは名前を覚えられないあたまのかわいそうな子なので…)のギターにたいそう癒された。
でも、「ああ俺ここでなんとかしてノボリコさんとお近づきになろー!とかもう思わないんだな…ノボリコさんと某L教授とどっちかと飯食ってじっくり話す機会あげるよって言われたら某教授のほう選ぶもんな」とか思って若干アレげな気持ちになりました。
ちなみに某教授は学会のあと「メールしてね☆」って言ってくれたからメールしたのにいっこうに返事がかえってきません。まあいいやまた別のイベントで会うこともあろう。

それはともかく、俺にとってはお寺ライブはなんだかやたらと「異世界」感があってああもうね。
俺もう(精神的には)だいぶ大阪から遠ざかってるからなあ。
お寺から帰る途中、いかにも大阪の商店街な店で売られているおいしそうなにおいの食べ物が俺にとってはヨモツヘグイだった。
楽しいけど、俺はもう「こっち側」じゃないんだよなー。


俺にとっての「むこう側」のひとつ、金魚の公演も見てきました。
ひさびさの楽日に。
今回さりんぐは出演なし。
んでもって、また大阪の街中のこじんまりしたハコで演ってたんだよなー。
俺にとってもはや「大阪」が「むこう側」なのか。
大阪市内のどっかで常勤職でも見つけない限りたぶん永遠にそうなんだろう。
まあそれはともかく今回の公演もなかなか楽しかった。
タイトル『夜に埋める』のとおり、夜の濃密な気配とそこに逃げ込むしかない人々、埋めるしかない業がずるずると連鎖して出てくるお話でした。
しかしさりんぐ、これをもって「家族の話」とするなんて、やっぱさりんぐはいわゆる「べたなハートフルストーリー」の欺瞞にのらないひとなんだな…
むしろそのほうが安心できるんだけど。
俺は最後の最後、ラストシーンはわりと安穏としてるのかと思ってたから予想を裏切られた。
金魚ファン向けにいうと、『王様ニキビ』的というか。
ていうかこれ大人版『王様ニキビ』だよね。『王様ニキビ』は学校という枠があったけど、今回の『夜に埋める』は会社とか家族とかの枠。
年齢的なものか…?
いやでもどうあがいてもそうなるんだよ。
年齢があがって、周りの環境が変わったら、そこからの影響を免れるなんて不可能なんだよ。
実際俺がもはや「むこう側」に戻れないと感じているように。
……まあこんなこと言ってたら次回作でさりんぐがすげーまぶしいぐらいの若々しい役書いてたりしたら笑うな。
んでも『しまうまの毛』書籍愛読者とかはそういうの期待してたりするんかなあ?
とはいえさりんぐがファンの期待に沿って予想と違わない脚本を書くような作家とも思えないしなあ。
たぶんまた人間の「見たくないよそんなとこ」をえぐって見せ付けてでもそこになにかほわっとあったかいものを紛れ込ませたりするんだろう。

まあさりんぐの次回予想はともかくとして、今回芝居としておもしろかったのは装置だなあ。
上から飛び降りてきたり下に飛び込んだり床を掘ったりするんだぜ。
そういうびっくり系ギミックけっこうすきなんですよ。
パワーマイムで縦横無尽ってのもわるくないんだけど(いやもう俺らの世代はパワーマイム見すぎて飽きたぐらいか?)、やっぱ実際に縦横無尽されたほうが爽快感があるなあ。
かといってなんでもかんでもリアル物体で済まされると、「じゃあもう映画でいいじゃん」ってなるし。
芝居は「どこまで想像力をつかうものにするか」ってのが難しいなあ。
そのへん、飛び降りたり飛び込んだりにいろんなシチュエーションを用意する今回は楽しかったなあ。

それとどうでもいいことですが、主人公の女性がなんだかかのうさんの演じる女性に似てたと思ったのは俺だけでしょうか。
まあかのうとおっさん見たのもう十年以上前なんだけど。
ていうかかのうとおっさんが結婚してたの俺ついこないだ知ったんですけど。
…まあコミュ障の俺だししかたないな。
顔本でせいぜいりあじゅうぶるのが限界です。
顔本もときどき(ときど…き…?)りあじゅうぶれてないしなあ…
いいよ俺ひきこもって本読んだりゲームしたりしてればわりとしあわせだから…

顔本・ゲームで思い出したのだけど、ゆうちゃんが顔本で青空文庫URLカードなるものの話をしてて、じゃあそれでカードバトルつくろうぜ!って話題をふったのに見事にゆうちゃん以外誰も食いつかなかった。
やっぱりあじゅうはカードバトルとか興味ないのか…
まあ俺もデュエリストであるこきんにインストラクションを受けたのだけど(忍殺的言い回し)、ルールややこしすぎて一度もやったことないしなー…
もちょいシンプルめルールで、勝敗ついたあとにカード交換(勝ったやつはすきなカードを、負けたやつは勝ったやつが選んだカードを交換するという大富豪的ルール)したら青空文庫のすきな話布教につかえて楽しいと思う。
ちなみに俺は岡本かの子好きなので、そこらで俺の好きな話をカードにしたいです。
『狂童女の恋』とかすげーいい話だと思うんだけど、今のところ同意者どころか読んだことあるって人にすら出会わない。
ここはぜひ『狂童女の恋』を布教……ってこの掲示板なら青空文庫のURL貼ればいいのか。
ていうか俺過去にも『狂童女の恋』URLを貼ったことがあるような気がしてきた。
まあいいや決断的に貼る。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000076/card986.html

そしてちょくちょく忍殺語が混じることからお察しできるとおり、最近はニンジャスレイヤー読むのが楽しいです。
夏らへんはSCPが俺の中で大流行だったのだけど、夏の終わりから忙しくなってそれどころじゃなくなった後に、どうもニコ動でSCPが捕捉されてしまって雰囲気がアレげになったというこきん情報から敬遠してしまって今に至る。
ふゆやすみ後くらいにおちついたらまたSCPに戻ってもいいかもしらんけど、なんかすげー粘着なかんじのひとがいるっぽいんだよなー今。
夏のSCP読んでわいわいするだけのあっさり祭りはもう幻なのかと思うとちょっとさみしい。
ショッギョ・ムッジョ!(結局忍殺)
まあ忍殺は本文だけ読んだりできるしなー。
実況も過去ログで読めばそもそも粘着がどうとかないしな…
ネットのいいとこわるいとこだわなー。


それと熊本いってきた。
一応しごとでいってるのでろくに遊べず、くまもんとはほとんど絡んでいない。熊本なのに。
熊本城もかるく見たけどガンパレごっことかする暇なかった。熊本なのに。
まあそんなことより熊本すげー水きれいなんですよ。そこに一番びっくりした。
画像はるけど、どこの川みても用水路みてもこんなかんじで水澄んでるの。
当然飲用水もめちゃめちゃうまいの。
まじびっくりした。
熊本人が「熊本の水はほぼ地下水」って言っててそれにもびっくりした。
なにが火の国だよ熊本。めちゃめちゃ水の国じゃん。
あの水を楽しむためだけにもう一度熊本に(今度は観光しに)行ってもいいと思えるレベル。
また水を飲んだり川や湖の写真撮ったり散策したりしたいです。

それと熊本ってうにがうまい。
どうも天草のへんでとれるらしい。知らなかった。
うにって寒いところがうまいイメージあったけど、熊本のうにもうまい。
うますぎてうますぎて、晩飯に出たうにをこっそり「最後の一口」にとっておいてたら、今回同行した先生に見られてた。すげーはずかしい。
「うにそんなにすきなのねー」って言われた。は、はずかしい…

まあそんな俺ですが、その食い意地が張ってることが幸いしてか「食べ物のことならこいつに聞けば大丈夫だろう」という信任を得てしまった。
…これ喜ぶことなんかなあー…?
まあまったく仲良くなれないよりかはマシか…
もうちょっと仕事面で信頼されたほうがよいのは言うまでもないんだが…
まあ俺だし。

というか、俺のまわりでやってくる客人の女性研究者、俺のまわりに女性が少ないことも反映してだいたい俺に寄ってくるみたいなんだよねー!
……あれこれ自慢?これ自慢じゃね?俺モテ期じゃね?
…まあ実際うれしいことなんですが、知ってる方は知ってのとおり(何この当たり前表現)俺女子力低いじゃないですか。
俺が発揮できる女子力って当然食べ物関連に限られちゃうわけですよ。
となると必然的に俺はグルメ女子()にならざるを得ないわけで。
…しかしアレだなー、「食い意地はってる」を女子に言い換えると「グルメ女子」になるのかー。女子便利。
まあおさいふに大打撃を与える系のグルメにはなかなかご縁がないグルメ女子()ではあるけれど。
たまの贅沢に慣れちゃあいけませんぜ。
……とはいえ学部んときの極貧生活からしたらほとんど貴族みたいな食生活してるけどなー。
頻繁にじゃこが食える(それも釜揚げとか)なんてマジ貴族。
いやあありがたいことです。


まあだいたいそんなかんじの今月でした。
くりすます?そんなものはなかった。


あ、それと告知(忍殺風にいうならアナウンスーンか。うろおぼえ)。
年明け4日に朝っぱらからゆうちゃん家でだめ映画会を開催する予定。
たぶんゆうちゃんがTEDみせてくれる。
わたしはたぶん銀河ヒッチハイクガイドもっていく。
(そいえば熊本は時間に余裕なくてだめ会向け物資を調達できなかった)
ひさしぶりにだめ会らしいだめ会(太陽も高いうちからおさけをのんでアレな映画を見る)だ!
参加できそうなひとはわたしかゆうちゃんに連絡してくださいな。当日いきなりきてもたぶんいいけど、うまくゆうちゃんに遭遇できないとしらんぞ。

TEDといえば、おんなじつづりでなんか学習用の何かがあるらしい(きわめてあいまいな情報)。
TED検索するとそっちっぽいのがいっぱいでる。
まあそっちのTEDは勉強するのに有用らしいから、今度じっくりみてみよう。
(こういうこと言うと「そのうちと幽霊はめったに出ない」ということわざしか思い浮かばない)
まあまずはだめ映画だよ。

>アリガット!
遅くなったけどこっちこそアリガット!
優しい音楽っていいよねー。
「やすみやすみ」聞いてちょっとなきそうになったのは(ねーさんには)ひみつだー!
…まあつかれてたし…エゲレスでW2ヘビロテしてたときのこと思い出しちゃったし…
またなんかライブあったら教えてね!

>きわどいジョーク
どこからがきわどいのか全然判定つかないんですけどどうしたらいいでしょうか。
とりあえずカードバトルはアウトだったのかな…と反省したのだけれども。
あとなんかそうちょうせんきょ(なんとなくひらがなにしておく)ネタとかも顔本に書こうかどうしようか迷って結局やめた。きわどそうだし。
ていうかこっちにも書きづらいわな。
本当もうなんなんだ。

>だめ会
会場提供ありがとうございます!
っていうか映画みる機材ゆうちゃんの仕事場にあったっけ?PC?

>ワイン
ひゃっはー楽しみだー!
しかしこのままではアレな飲み物枠のエントリーが「イギリスのよくわからないカクテルボトル」だけになってしまうなあ。
明太子サイダーとか売ってないかなあ。
(そいえば明太子キャラメルは結局きょんのひとが自分で消費したらしい。セルフ拷問とかレベル高いな)

>年上マダム
kwsk!kwsk!

>オオサンショウウオぬいぐるみツリー
…結局見に行けなかった…
しょんぼり。




[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]

1件〜10件(全922件)  1345678910       <RSS>    【管理者へ連絡





無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace